カテゴリー「[02]ミッション」の12件の記事

2015年8月19日 (水)

プチ・マルチシナリオの愉しみ

8月5日から公開された『ヴァナ・ディールの星唄』第2章。
パトはネットトラブルで出遅れたものの、早々に実装分はクリア☆ 今回はプロマシア・アトルガン・アルタナのキャラクターたちも登場&フェイスIIも続々ゲットで、盛り沢山な内容でしたね。

既存ミッション&シナリオ関連主要クエストは全編クリア済みのパトは、今回もすんなり最後まで進みましたが、アルタナをほとんど進めてないルッチーは、ケット・シーに会えたところまでで中断してしまいました。
ん~。
アルタナ長いから、なかなか腰が上がらないんだよね~。
とはいえ、久しぶりにもう一度イベントを見返したくもありますし、ボチボチ進めますかね~。

さて、ミッションやクエストのクリア状況によって、けっこう細かくイベントシーンが作り分けられてる点も『星唄ミッション』の見どころのひとつですが、ルッチーはなんと、こんなプリッシュに再会しましたよ!
150811_010516

おしとやかプリッシュwwwww

150811_010852

うーん。
ルッチーは確かプロマシア最終話『暁』のあと、“世界クエ”の最初の『日輪を担いて』を受けて、それっきりだったんだよねー。
バハムートのギガフレアを今のパトで受けきれるのかどうか、すっごく興味があるので早くやってみたいところでもあるんだけど、この先のプリッシュの「おばちゃん」発言がどうなるのかも超気になるから、やっぱしばらくほっとくーーー!(爆)

暑くてなかなかTVを買いに行く気にもなれないし。(´ー`)


150811_012506
でも、フェイス:プリッシュIIはいつものプリッシュでした。

第1章のときには、三国ミッションが進んでない倉庫キャラで、闇王バトルの終わりのところまでリアルタイム進行してみたりとかもやってみました。主にライオンのシーンに追加イベントがあったりして面白かったです☆
でも、第2章はさすがにプロマシア・アトルガン・アルタナとなると、ちょっとボリュームありすぎかなー。全編クリアじゃなくても見られる分岐があるようなので、それを確認するのも楽しそうですが。
吟遊詩人の歌やゴブの足跡のイベント回想で別バージョンも見られるらしいけど、やっぱりどうせ見るならリアルタイムのほうがいいかな~。

150809_185937
この衣装も気になりますねー。

| | コメント (2)

2012年3月12日 (月)

最後の未来タッグ

しつこくアルタナMの余韻に浸っております。

回想は、グロウベルグ〔S〕幽境の沢の幽門石から跳んだ先のウォークオブエコーズ『翼もつ女神』のバトルの後、『はじまりの地』です。

Alt120221_045006

すべての戦いに終止符を打ち、ふたつの未来の行く末を導くために、未来タッグはそれぞれの道へ――

Alt120221_045021

遠く離れても、忘れないよ――。

Alt120221_045056

リリゼットとのお別れは、決して絶望的なものじゃないし、彼女ならどんな世界でも困難に打ち勝って新しい未来を切り拓いていけるだろうと確信もできるのだけれど、やっぱり切なかったなぁ……。
可哀想さ加減では、アビセアのプリッシュのほうが完全に絶望的で可哀想すぎるんだけど、プリッシュはいろんな意味でそういう可哀想さを超越した存在だし、次元も超えて暴れまくってるし、どこかリアル感がないからなぁ(そこが好きなんだけど)。あと、そもそも会いたいと思えば会いにいけるし(笑)
リリゼットもプリッシュ並みに明るい暴れキャラだけど、なにかこう痛々しさがあるというか、保護欲をかきたてられちゃうんだよね。年齢的に母ゴコロで見てしまうせいもあるかもしれませんが。(´ω`)
過去世界の時間軸の続きに生まれてくるはずのリリゼットは、パトたちの冒険する世界のどこかで幸せに暮らしているのかな。
また会いたいよ――。

   *   *   *

なんだかハマってしまったイベントムービーお着替え編☆

未来タッグらしく、おそろいの踊り子コスチュームにしてみましたよ!ヽ(´∀`)ノ

120306_213313

AFが着られるようになっても、なかなか一緒の写真を撮れなくて、そうこうしてる間にお別れになっちゃったね。

120306_211538

でも今はパトのほうが、踊り子としては2段階上だよ。( ̄ー ̄)

Alt120221_040645

思い出の耳飾りは、月並みだけど「抜刀時リゲイン」のオグメを付けました。Lv90~用装備としては、もうちょっと付加性能の数値が高くてもいいような気もするのだけど、リゲインはアビセアでアートマ付けたりする場合のことも考えると、扱いが難しいのかなー。
でも、前衛ジョブはもちろん、後衛ジョブで武器スキル上げしたり、弱点突きで控えたりしてるときにも結構重宝してますヨ。

| | コメント (2)

2012年3月 9日 (金)

計り知れないかわいさです

『夢見果てし時』のバトル後、グロウベルグのイベントでの模様があまりにも萌えだったので、本気出して撮影してきました。(`・ω・´)
回想はグロウベルグ〔S〕、北グスタ側から入ったところのゴブたんで、『瞼に見るもの』です。

全世界のお茶たる(タル♀8B)仲間に捧ぐ。

Alt120221_053702

Alt120221_053707

Alt120221_053753

Alt120221_053808

Alt120221_053810

パト超かわいいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!

これまでにもイベントムービーに登場する自分の姿にホレボレすることは何度もありましたが、ここまで可愛いのはそうそうなかったんじゃないでしょうかっ!(*´д`*)




ところで。





120306_204519

120306_203942

120306_203458

120306_203512

感動的なイベント映像を見るときは、衣装にも気を配りたいですね^^

でも、これはこれでかわゆいよねっ。(*´д`*)
白いドレスとか持っていってもよかったかもナー。

本来の方法でスクリーンショットを撮れないイベント中のシーン画像などを、PCのキャプチャー機能を使って撮ってブログで公開するということが、(黙認状態とはいえ)規約的によろしくないのは承知しているのですが、自分のキャラクター以外の種族やジョブの姿でそのイベントを見たときどう見えるのか、ということへの興味と、それをみんなに見せたい欲望は、どうにも抑えきれません。

自分の見た世界を、ほかの人にも見せたい!
ほかの人の見ている世界も、見たい! 知りたい!

ファンブログで自分の冒険記録を紹介したり、他人の冒険記録やSSを探したりする理由って、つまるところそれに尽きるんじゃないかな……。
そして、それはたぶん、ネットに公開されてるすべてのものに当てはまることなんでしょうね。

| | コメント (3)

2012年3月 8日 (木)

『アルタナの神兵』ようやく終幕

2010年9月公開分までは比較的タイムリーに進めていたものの、いろんな事情があって、ずっと止まったままだった2010年12月公開分のアルタナ・ミッション最終章を、2月19~20日の2日間でようやくクリアしました。
最終章では、『夢見果てし時』と『翼もつ女神』にBF戦があるほかは、ほとんどがイベントマラソン。かなりの長丁場でしたが、ハイクオリティ・ムービーの魅力に抗えず、一気見しました。
展開や結末についての感想には個人差がありますが、パトはほとんど泣きっぱなしでした。
うう、トシとると涙もろくなっていけねぇや……(TД⊂

バトル面については、Lv99パワーではっちゃけた感じでした。
『夢見果てし時』のほうは、さすがにLv90解放時のBF戦ですし、4人相手になるので、仲間の足並みが揃うまで待って挑みましたが、ラストバトルの『翼もつ女神』はソロクリアを果たすことができました!!(*゚∀゚)=3

Alt120221_041500
イベントではすっごく緊迫感あふれてるのに……(※後日撮影)
Pat120219211933b
攻守入り乱れての、ただの乱闘!(つか誰も守ってないし)

『夢見果てし時』は敵4人vs味方5人+2体(忍忍?戦召か)で、ほぼ1人1体ずつ受け持ってのガチバトル。チームワークのかけらも見られないフリースタイルの乱戦状態でしたが、さらりと勝てました。(酷い)
というか、フィールド広いのに、なんでこんなに固まって戦ってるんだ!

   *

『翼もつ女神』は、当初は同メンバーで次週繰り越し(バトル前に超長いイベマラソンがあるのと、夜遅くなったので)の予定でしたが、ネット情報で「ソロ可能」の文字を見てしまったパトはいてもいられなくなって、翌日さっそくフライング挑戦!

Alt120221_043159
ネイルアートを自慢するレディ・リリス

魅了とか即死とか死の宣告とか、物騒な効果の技が並んでいたので、ジョブは迷わず召喚士!!
ちょっとでもキャスト速くなるのとリフレ水増しを期待して、サポは赤。リレイズできないのだけ不便ですが、リレアイテムいろいろとゴブ箱から出た各種回復薬を持っていきました。

Pat120220231746a
例によって、これ以上近寄ることはできません

アタッカーは、テラーとかアムネジアとかスリップ系を除けば相手の使ってくる弱体魔法ほとんど(ブレクガ・スロウガ・バインガ・グラビガ・ディスペガ・サイレガ)に影響受けないガルーダが一択ですかね~、やっぱ。意外とマヒ系を使ってこない優しいリリス☆
履行はプレデタークローだけに絞って、パトはひたすら逃げるのみ。

Altana201202211
つよいぞ、ガルーダ!

……とはいうものの、コツをつかむまでには3回ほどの練習が必要でした。戦闘不能は計5回ほど。(*'-')
リリスは足遅いので喚び直しはほぼ余裕でできるのですが、攻撃開始の命令で近づくときと、履行を当てるときに、ちょうど特殊効果付き範囲技(通常攻撃も前方範囲)に巻き込まれると途端にピンチに。
攻撃開始命令と同時にコメット詠唱されたときは一発で消し飛びました。召喚士かよわい。

Pat120220232127a
しんだんじゃない、休憩してるだけだ!

場内はかなり広くて、入り口前と左右の跳ね橋みたいな場所は、蘇生しても感知されない安全地帯。
経験値ロストがないから練習は気軽にできるけど、リリスは定位置に戻るとHP全回復するし、2段階分の戦闘時間を考えると仕切り直しは1~2回くらいしかできないかも。
失敗時パターンは全部1段階目のリリスのときだけで、コメット2回、魅了解除後の喚び直しor立て直し失敗で2回、ブレクガ巻き込まれ後に何かとコンボで死亡が1回。
魅了は受けても解けたときすぐに遠くへ離れれば、再召喚は間に合うのですが、立て直せるかどうかはその間にリリスが放ってくる攻撃次第なので、テクニック50%運50%ってとこでしょうか。

Pat120220232336a
休憩中
Pat120220213200a
Elemental Gyvesは複数並ぶことも……

たまにリリスが喚び出すElemental Gyves(闇)は近寄るとバイオ+死の宣告になります。宣告は離れれば解除されるものの、バイオがサポ赤で治せない^^^^^
90秒間で消えるので、こいつが出てるときはウロチョロしないに限るのですが、その間に神獣が沈むと、結構難儀します。

Pat120220233245a
ぐふうっ。

勝てなかった場合、グロウベルグの幽門石を調べればトリガーのだいじなもの「原初の輝き」をもらえるのだけど、ヴァナ時間0時またぎの制限があるので、時間によってはリアル休憩を余儀なくされるので注意です。

Pat120221011707a

そして、練習のかいあって、ようやく第1段階撃破。

Alt120221_043454

この神々しいお姿は……!?

Alt120221_043455

拡張データディスクのパッケージイラストはこれだったのかー!
思い返せば、冒険者もいろんな種類の大ボスと戦ってきたけれど、やっぱり麗しいラスボスはいいですのう。(*´Д`*)
そして、戦闘BGM超かっこいいぃぃぃぃぃ!!!!!

Pat120221011915a

……と盛り上がりつつ、最後の決戦前にしっかりMP回復。このBFは常時天候闇だったかな。

Pat120221012136a
ガルーダと比べても結構大きいけど、精一杯近づいてもこんなもん

第2段階リリスは第1段階の倍くらいのHPがあるようですが、魅了もなく、コメット・メテオといった破壊的な魔法も使わなくなる分、第1段階より戦いやすい印象。
「ダーク**」という技ばかり使う割に、攻撃魔法がホーリーIIとかバニシュガIVとか神聖系になってたりして、闇と光のカオスっぽい特徴が出てます。

Altana201202212

ちなみに「ダーク**」を使うと、その属性系の障害物が現れて、いろんな状態異常とスリップが重ねがけ状態になってしまうので、第1よりあっというまに神獣が沈むケースが多い気がしました。通常攻撃のダメージもなかなか強力です。
召喚者自身も危険ですし、履行のリキャをこまめに確認しながら、安全確実に再召喚を繰り返すのが勝利の早道かも。

Pat120221012959a
障害物が増えて履行しにくい
Altana201202213
勝ったどー!

練習は3回になったものの、本番の4回目は第2段階も一発クリア☆
18分20秒でした。

120221_044225
そして物語はエピローグへ――。

2007年11月のスタートから2010年12月の完結まで、3年の歳月をかけて語られてきた「水晶大戦」の真実。3国分のサブシナリオ(クエスト)とあわせると、あの長大だったプロマシアの物語にも匹敵するくらいのボリュームでしたが、なんとか最後までたどり着けて一安心です。
というか、1本のメインシナリオが終わらない間に追加シナリオが公開されたり、アビセアとか始まってたのかと思うと、改めてその長さに驚くけど……。
単純な勧善懲悪だけで割り切れない戦いの物語の宿命として、どちらの気持ちもわかって切ないという、やりきれなさは残るけれど、未来への希望もうかがわせつつ、美しい終幕になったと思います。
細かい矛盾点とかご都合展開については、突き出したらキリないですが、もはやアビセアという完全パラレルワールドすら体験してしまった冒険者は、過去や未来のカタチがいくつあろうがゴタゴタ言わないのです。
だけどやっぱり、どうやって“扉”を閉めたのか、とか、あっちの世界のその後、とか気になることは多いですねぇ。
そして……ケット・シーとアトモスは、いつ、どういう理由で召喚できるようになるのデスカ?!!
まだまだ物語は、きっと続く!

| | コメント (2)

2009年9月 4日 (金)

未来戦士タッグ

さて、夏休み中は、平日昼間からヴァナで遊べる☆ということで、時間のかかるシナリオ関連の進行と、人がいる時間帯にはやりにくい「イベント再放送」にたっぷり時間が費やせました。
主にアルタナ・シナリオの最新実装分・終盤戦と、モグ祭りの最終BF前までを堪能してきましたヨ。(´∀`)

Alt1801_090826
再放送(リプレイ)もバッチリPC画質で☆

≪囚われの迷宮で≫
(前略)
敵の手中に囚われてしまったリリゼットとポーシャを救い出さねば!
ということで、氷河の地下に広がる洞窟へGO☆
過去世界では、カンパニエopsをはじめ数々のクエストでバトルの舞台となるレイヤーエリアの地下洞窟ですが、ボスディン方面にまで入り口があるなんて、どれだけ広いんでしょう!
現代のモブリンズ・メイズモンガーでも使われているところからも、モブリン(ゴブリン)たちが掘りに掘ってつなげまくった超巨大地下迷宮なのだと思われますが、中の国の大陸の地底は、どこもかしこも穴だらけってことなんでしょうねぇ。

余談はさておき、この章は洞窟の壁を爆破して目的地にたどり着けばいいだけで、2人以上いれば戦闘なしでもクリア可能、1人でも補充用の火薬を落とすゴブリンを倒せる力量さえあれば大丈夫ってことなので、せっかくだし挑戦してみることに!

Pat090826143325a
むしろイベント地点にたどり着くまでの道中のほうが脅威。みやぶりタウルス多すぎ!

手順は、例によってFFXI Wikiなどの攻略サイトに詳しいので省略しますが、最初のチェックポイントでイベントを見たあと、もう一度調べないと導火線をつないだことにならないってとこが要注意でしょうか。
パトはうっかり調べずに、先にスイッチのところまで行ってしまって、ちょっとウロウロしてしまいました。(←単に不注意なだけ)
洞窟の奥まで進まなくても、手前3分の1くらいのエリアで事は済んでしまうんですが、一方通行の段差などが少しややこしかったです。
ゴブたんは、Lv75からくり士で問題なく倒せる強さ。シーフタイプでトリプル当たると痛いので、マトンの詠唱タイミングによってはちょっとヒヤッとした瞬間も。(ノ∀`)

Pat090826141421a
倒すと光が現れて、火薬が3個拾えます。光はしばらく消えないので、急げば使ったあと補充に戻ることも可能。
Pat090826142347a
うずまきを発見したらゴール。

首尾よくリリたんとポーシャを助け出したあとは……
Alt2401_090826
ネコのケンカを見たり
Alt2403_090826
吸い込まれそうになってアワアワしたりしながら次章へ!

≪禁断の口≫
ここでいよいよ、物語の最初からの謎だった「禁断の口」の正体が明らかに!
といっても、なんで現代では石化しちゃってるのかとか、なんでこれが現代と過去をつなぐ門になってるのかとか、詳しいところは依然として不明なんだけどッ!
でも、どうやら「禁断の口」こと“時を喰らう神獣・アトモス”(の手足?)は、ケット・シーによって召喚される存在らしいので、世界中に禁断の口が現れたのは、やっぱりケット・シーのしわざだったのかも!

さて、裏切り者のケット・シー・ケッヘと戦うことに。
このバトルはリリゼットも参戦して一緒に戦ってくれるのですが、情報によれば、彼女を後方から回復サポートしてあげるだけで、ソロでも簡単に勝ててしまうということで……。
そんなことを聞いたら当然、挑戦してみるに決まってるじゃないですか! リリたんとパトは未来戦士タッグを組んだ同志なのですから!(`・ω・´)
できればパトも踊り子AFに身を包んで、華麗にリリたんと競演したいところでしたが、前に出て一緒に戦うのはさすがに死ぬと思うので、タル白/学の豊富なMP量をすべてリリたんのHPに変換する戦法で挑みます。

強化は持ち越せないので、中に入ってからストスキ・机上演習・白グリ・リレイズ・プロシェル・ハートオブソラス、リリたんにプロ4・シェル4して、しばしヒーリング。
リリたんは味方が抜刀すると戦闘開始するそうですが、時間経過(3分?5分?)でも自ら戦闘開始します。
MP満タンになる前にしびれを切らして飛び出されちゃったので、しぶしぶ立ってリリたんにヘイスト。
あとはケアルケアルケアル……簡素清貧をリキャごとに使ってケアル5でごっそり回復とか、女神の印を混ぜたりしてMP節約。
そういえば、序盤にタゲ取らないようにと思ってケット・シーに弱体とかしなかったんだけど、結局最後までしなかった気がする(爆爆爆)

Pat090826150514a
ソロといっても戦闘の中心は遠く離れた場所なのが淋しい;;
Pat090826151133a
しばらく放っておいてヒーリングしてても余裕のよっちゃん

アトモスのソウルバキュームで全能力値が1にされちゃうと、リリたんのHPも減りやすくなる上、パトのケアル回復量も減っちゃうので若干押され気味になりますが、特にピンチに陥る場面もなく、淡々と終了~。
一番の脅威、レベル?ホーリーも、使ったのか使わなかったのか外れたのか当たったのかよくわからなかったなぁ……。
それにしても、リリたんはどうしてこんなにつよいの。(*´∀`*)
通常の戦闘型パーティよりヒーラーソロや後衛パーティのほうが楽なバトルっていうのも珍しいですが、力押しでガシガシ行くバトルも楽しみたいので、だれかこれからやる時には連れて行ってもらおう☆

ケアル回復量減少の例
Pat0908261
ケアル5はステータスブーストをすればするだけ回復量が伸びるので、本気で装備やメリポを増強すると回復量900(天候等で1000超)にまで迫れるそうですが、パトはあんまりMNDブーストもケアル回復量アップ装備にも気を使っていないヘッポコ白なので、通常のケアル5回復量はだいたい734~804。
それがソウルバキューム後は504に。
Pat0908262
約4割も減っちゃうのは大きいですね。
こういうときにこそ、簡素清貧を使って消費MPを節約したいところだけど、使えてないし……。
本当は、自分かリリたんのどっちか片方はアトモスの範囲外になるように位置を調整するべきだったのでしょうが、クリアしちゃったら2度はできない勝負では、後であれこれ言っても仕方ありません。
反省は負けたときすればいいのさ。ははは。

さてさて、未来戦士コンビの息のあった戦いでケット・シー・ケッヘをやっつけて、いよいよパトも敵の親玉レディ・リリスに対面!
この場所は、最初のころに禁断の口に吸い込まれて迷い込んだ、あの場所ですね。中空に浮かぶのが、アトモスの本体ということなのでしょうか。

Alt2404_090826_2
ここでラストバトルになってもおかしくない状況だけど、物語はまだ続く……
Alt2405_090826
説明されても謎は深まるばかり
Alt2407_090826
レディ・リリスはどうしてこの時代にやってきたのか……

戦いの続く未来というのは、デュナミスのようなものなのかなぁ? あれはディアボロスが作った夢の世界だったけど、そんな世界が現実になった未来が、もうひとつ存在する……?

≪おまけ≫
Alt1901_090826
例のSS☆

| | コメント (4)

2007年9月30日 (日)

9月のアレコレ《前半》

≪サンドリア冒険者ランク7達成≫ 2007-09-06
思い立って、さくっとサンドリア・ミッション6-1『ローテ王妃の遺言』、6-2『龍王の眠る場所』をクリア。バトルは今となってはたやすいけど、日付またぎや移動が多くてちょっと面倒だったな~。
クリスタル大戦時のサンドリアとタブナジアの“事情”がだんだん見えてくる、「序章編」な趣のストーリー。先の話を知っててもワクワク~~☆(*´∀`)
20070907002433
リアル4年半かかって、ついにランペールの墓のヒミツの場所に入ることができました。(爆)

≪サルベージ銀海遺構ボス戦≫ 2007-09-08~
なかなか勝てずに3週。。。あの残り1ミリを削りきるのに必要なのは、やっぱり伝説の最強魔法バイオなのか!!?ヽ(`Д´)ノ
Pat070908232239a
29日は気分を換えてバフラウ遺構のカードNMに挑戦。キキルン爆弾で華麗に吹き飛びまちた。(・∀・)

≪水和ぐ盾≫ 2007-09-15
“五蛇将物語”第4弾、水蛇将ミリたんのおはなしを見てきました。
アトルガンの属国ツァヤから、故郷の人々の期待を背負ってアルザビに留学してきたミリたん。実は彼女には、ある隠された使命が……。 
Pat070915035614a
ミリたん本人から詳しいおはなしを聞くために必要なアイテム【色とりどりの髪】は、面倒くさかったから買っちゃった。(´ω`)
とても重い話の割には、ミリたんのツンデレぶり爆発や数々のコミカルな描写で笑わせてくれるところもあって、絶妙な仕上がりでした。見なきゃソンソン☆
ちなみにこれをクリアすると、アルザビ常駐のミリたんも冒険者を名前で呼んでくれるようになって萌え。(*´д`)
Gojya
どうしてもこの絵が欲しくて、ネットの海から拾ってきちゃいました~。(/ω\)

≪プロマシア・ラストバトルのお手伝い≫ 2007-09-16
るなさんの『天使たちの抗い』と『暁』をクリアすべく、LSのみんなとお手伝いに。忍侍赤黒黒白:月著笑泥陸鳩で、ル・メトの塔登りから。超久しぶりで内容忘れすぎ!!
Pat070916170054a
壺BFはやっぱりゾンビ作戦になったけど一発クリア、勢いで突入したラストバトルも無事一発クリアできました。
そういえば最初のクリアのときもパトは白で参戦だったっけ。まだ全身白AFで、Lv75どころか、やっとみんなのためにレイズ3覚えたばかりで、自分用にはリレ3もなくて……。
成長した今でも、まだみんなを守りきれなかったのは反省;;;
Pat070916191417a
この9月は大車輪でミッションやクエストを進めてたるなさん。長い長い物語にもついに終止符を打てました。おめー☆

(2007-10-04 記)

| | コメント (5)

2007年9月27日 (木)

『アトルガンの秘宝』完結

10月を待たずに、めでたくかぶりものが増えました。(´ω`)
Pat070929214917s

9月27日、アトルガンストーリーのクライマックス、『巨人の懐へ』と『少女の決意』の2バトルを、春夜竜陸鳩:ナモ赤黒黒の5人で無事クリアしてまいりました☆
喜びや楽しみも大きかった半面、文字通り艱難辛苦の長い道のりだったプロマシアの物語に比べると、全体に難度が低く、コンパクトな内容だったとはいえ、やっぱりラストバトルは手応え十分。物語の盛り上がりも素晴らしかったです。
以下、ネタバレ満載で完結編を一挙ご紹介~(´∀`)

■巨人の懐へ
囚われのルザフ王子救出のために組織された特務部隊によるワジャーム降下作戦は、結局、飛空挺エンディミオン号が撃墜されて失敗。パトは単身(といっても仲間と一緒だけど☆)ナイズル島へ潜入することに。
行く手に立ちはだかるのは不滅隊No.2(だよね?)の青魔道士アミナフ。複数のギアを操って攻撃を仕掛けてきます。
ところが、なんとこちらにはナジャ社長という強力な(?)助っ人が登場!!
三国ミッションやプロマシアでもおなじみのゲスト付きバトルの踏襲は、やっぱりうれしいですね☆(´∀`)
Pat070927232237a
と、喜んでばかりもいられないのも毎度のパターン。
ここはナジャ社長がいかにこちらの思惑通りに動いてくれるかが最大のカギになります。
Pat070927235503a
ナジャたん【まってろ】

作戦は、アミナフをスリプルキープ、ギアをマラソンしつつ1体ずつ撃破。ポイントはナジャ社長がアミナフに狙いを定めないようにうまく誘導すること……かな? 1戦目は社長に翻弄されて動きがバラバラになっちゃって失敗になりましたが、2戦目はラクラク撃退できました。
戦闘の合い間合い間に十分な回復時間が取れる点が挑戦者にやさしい仕様だけど、甘いわよッ、アミナフ!!(笑)
Pat070928000226a
青魔はホラー

非情な青魔道士の身も凍るような恐ろしい最期を見届け、一時撤収。社長と落ち合うためにサラヒム・センチネルへ……。

■少女の決意
機関巨人を依り代として白き神アレキサンダーを降臨させようとする宰相ラズファードに、最後の説得を試みるマウたん。もちろん、それが皇国の平和のためと固く信じているラズファードは聞く耳持ちません。
マウたんが巨人の操縦を外部サポートする装置を動かしてコントロールを奪うまでの時間を、なんとしてでも稼がなければ!

ここのバトルは青魔隊長ラウバーン&ラズファード(巨人)とアレキサンダー降臨後の巨人戦(野球じゃないぞ)の2段階だけど、感覚としては3段階。巨人は定位置で動かないので、ラウバーンをおびき寄せて最初に倒すのですね。
Pat070928014113a
“不滅”隊の名のとおり再々蘇る小癪なラウバーンを叩き伏せ、ラズファードのHPを半分まで削ると、アレキサンダー降臨で急激に巨人が強化されます。降臨モードでは敵の範囲WS猛攻に加えてHP大回復ワザもあってかなりの時間が必要になるので、前半をなるべく短く終わること、そしてスタン連射を切らさないことがポイント。
……と言うは易しで、わが頼もしの仲間たちも1人倒れ2人倒れ、全員衰弱の瀕死状態。
最後の明暗を決したのは、最強の魔法「バイオ」でしたwwwww
内輪でしかわからない、バイオ最強伝説ふたたび☆
うぅん、、、倒れた味方のレイズよりヒーリングを優先させて、最後に華麗な古代IIでのトドメを刺そうとひそかに狙っていたのにぃぃぃ!!!
パトは引き寄せくらって死んだうえに、リレで起き上がった瞬間、即殺されていいトコなし。くやちいぃぃぃ!!(≧へ≦)
Pat070928014832a

まぁ、とりあえず皇国と、そして世界は破滅から救われました☆

■戴冠の儀~大団円~永遠の傭兵
ところ移って、聖皇ナシュメラ2世の再戴冠式。
まだまだ皇国を取り巻く情勢には予断を許さないものの、中の国との不可侵条約も改めて取りまとまり、東国との和議も緩やかながらいい方向へ進みそうな予感です。
20071002074904
マウたんの王冠は“心のかんむり”
Afumau
ずっと見守っていくよ!

短い冒険の日々だったけれど、少しの間にすっかり成長して、未来の統率者にふさわしい威厳を身につけたマウたん。
もちろん、これからもパトはマウたんの友であり永遠の傭兵として、皇国のために働いていくよ!!(=´∇`=)
ナジャ社長に多大な借金もできちゃったことだしね☆☆☆

Pat070928030031a
ついに【グローリークラウン】を返してもらった!
Pat070928031403a
ごほうびは皇国旗とステキ指輪(ウルタラムげっつ☆)

   *   *   *

終わってみると、「正伝」である“中の国”世界の物語に対して、アトルガンはやっぱり「外伝」的世界なんだなぁというのを改めてはっきりと感じるけれど、いまや全冒険者の半分以上が集まる規模の“生活の中心の場”となったせっかくの大舞台、これで終わらずに続編や番外編のクエストなんかもどしどし追加してって欲しいなぁ。
アトルガンの物語は最終的に6部仕立てのシナリオが数ヶ月ごとに追加って形で、実装からすぐ始めても完結まで1年強かかったわけだけど、ポイントになる大きなバトルの数が少ないので、これからまとめて挑戦される方にもとっつきやすいと思います。ぜひぜひ最後までお楽しみくださいませ。(=´∀`=)

==========================
【おまけ】今回心に残った名セリフ

Nashmeira : 兄さま!
 人が神を御せると本気で思ってるの?
 ううん、たとえできたとしたって、
 神から与えられる平和なんて……
 そんなの、まやかしよ。
 アトルガンは……いえ すべての国は、
 個々の人間が形づくっているもの。
 平和だって国と国が協力し合って初めて
 価値があるものじゃなくて?
 神さまは、その人間の努力を認めて、
 祝福してくださるのよ。

機関巨人の完成とアレキサンダーの降臨によって平和がもたらされると純粋に信じていたマウたんが、外の世界と触れあうことでつかんだ「真実」。
兄さまも、わかっていなかったわけじゃないけれど、もう戻れない一線を越えてしまったがための悲しい結末でしたね。。。(ノД`)

【番外】

Alexander : ΩΩΩΩΩΩΩ

これはいったい………。
たぶん全作中一番の謎セリフ(爆)

(2007-10-02 記)

| | コメント (4)

2007年4月 7日 (土)

ブチ切れましたわ☆

シーズンごとのシナリオ追加で、連続ドラマの趣が定着してきた感のある『アトルガンの秘宝』ストーリー。最新章ではついにマウたんの秘密が明らかになったりとドキドキの展開ですが、あんまり間が空いちゃうと、細かいところを忘れてしまう難点も。
そんなときこそ、というか、そんなとき以外でも思い出を鮮やかに蘇らせてくれる「吟遊詩人の歌」と「ゴブリンの足跡」は、とてもとても重宝しているのですが、旧作時代から現在に至るまで一番の不満は、イベントリプレイを一ヵ所でいっぺんに見られないことですね~。
まぁ、システム上、仕方ないのはわかるんだけど……せめて、万丈の山・千尋の谷を越え、恐ろしいモンスターの目をかいくぐり、たまには死んだりまでしないとたどり着けないようなバトルフィールドへ行かない限り見られないってのだけは、なんとかサービス改善してもらいたいものです。
たとえば、入場料1000ギルとかでもいいから、「箱庭」や「船宿」みたいな外界から切り離された特別フィールドで、世界中のクリア済みイベント見放題な「吟遊詩人劇場」ができたら、ぜ~~ったい入り浸っちゃうんだけどなぁ。。。

≪カラババさま再び≫
さて、なんだかんだ言っても、とりあえず特定の場所へ行けばリプレイが見られるイベントと違って、バトル時の条件によってしか見られない貴重なシーンも、この世には多々ありまして、自分のミッションやクエストのときに見逃すと非常に悔しい思いを残すことになるわけですが……。
そんな心残りの1つだった、アトルガン・ストーリー第3部(?)のクライマックス『特使の御楯』におけるカラババさまの“ブチ切れ”を、ついに見ることができました!!(≧▽≦)

※ブチ切れとは……『特使の御楯』のバトル中、冒険者はカラババ様を守りつつキマイラと戦わなければならないが、カラババ様は敵の攻撃を受けてある程度傷つくと「ブチ切れ」が発動して脅威の魔法攻撃力を発揮するのである。HPが減りすぎてもエスケプで(当然本人だけ)戦線離脱されてしまうので加減が非常に難しい。

ただクリアを目指すだけなら比較的簡単なこの任務。わざわざ何も好き好んでハードな道を行かなくてもいいのですが、やっぱ評判になってるコトは見なくちゃですよ~。
Pat070407021941a
今回も相変わらず脅威の敵対心マイナスで護衛の冒険者たちを翻弄するカラババ様。ちっともキマイラのタゲが固定しません。
それでもなんとかババ様のHPが減っていくに任せておくと……
Karababa0704072
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
Karababa0704073
トルネドIIが622ダメなのに、サンダーで2340ダメって……。
というか、この大ダメージの猛攻にもかかわらずキマイラが冒険者を攻撃し続けているところがすごすぎです。
Karababa0704071m
お見事でした。

うう~ん、大満足☆
お手伝いに参加させてくださった皆さんありがとう~&クリアおめでとうでした。(*´∀`*)

| | コメント (4)

2006年11月12日 (日)

燃えよドラゴン!ふたたび

(注)ドラゴンは燃えにくいです。

無事サンドリア移籍を果たして、またまた早くも週末。
移籍をすると、戦績0から積み直しとか、アウトポスト・テレポが全部使えなくなるとか、さまざまな不便が生じることになりますが、中でも低ランクからの再出発のためにシグネット効果時間が短くなるというのが、かなり痛いわけです。シグネット杖はランク10にならないともらえないしね。。。
まあ最近サンドは弱いので、ランク2でも5時間は切れないけれど、やっぱりランク5くらいで6~8時間はもたせたいところ。
というわけで、せっせとミッションリレーに励んでドラ戦の直前までやってきました。

いまやドラ戦なんて、2~3人人手を借りれば難なくこなせる程度の試練。
でもでも。
お手伝いの機会はまだこれから何度もあれど、パト自身で挑めるドラ戦はもうこれっきり……と考えたら、急に“アレ”をまたやりたくなってしまいました。
そう、ソロドラ♪
憧れのソロドラ退治は、バス移籍の機会に挑戦して、4戦目で勝利を収めることができました。約1年前の、10月30日のことです。
 2005年10月のソロドラ日記≫
カバンにハイポを山ほど用意しなければならないのは一緒だけど、今はハイポタンクも安くなって準備も簡単、便利なリレイズピアスも常備品になっています。
何より、あれから赤魔がLv48にまで成長して、プロテス3・シェル2・ストンスキン・ファランクス・ヘイストと充実した強化魔法が使えるようになった成果を試してみたい、という気持ちが一番大きかったかな~。(*´Д`*) ドラ戦は強化持ち越しできる稀少な制限戦。修正入ったりする前にぜひやらねばw

今回もサポ忍で、ビンボーなパトは装備も去年とほとんど同じ(というか、むしろモリオンピアスと戦士のベルトがない分下がってる(笑))ですが、武器だけは半年以上前にゲルスバでオークから奪って以来、ずっと収納に眠っていたヒミツ兵器【オリガサイフォス】(片手剣 D17 隔224 命中+2 Lv19~ 戦赤ナ暗)にマイナーチェンジ。やっと出番がwww
Pat061111145925a
結果は、去年の記録9分27秒を大きく更新する7分44秒で一発勝利!!(=´∇`=)
やっぱり開幕強化の差は大きいですね~。アーリマンは、2回目のスリプルが切れてドラが起きた時ぴったりに倒し切れたので、約2分てとこでしょうか。その間ほぼノーダメージでした。
今回のドラゴンはウィン編を選んだのですが、呪い効果のカオスブレードが1回しかこなかったのも運がよかったですね。

ドラ戦終わったあとは大車輪で魔晶石ミッションまで終了、一気にランク5になって、またまたカムラ様にお小遣いもらいました。(´∀`)
何度見ても、いや見るほどに魔晶石イベントは面白いです。
Pat061111193323a
Pat061111195052a
Pat061111212019a
さて、どれがどこの石でしょう?

日曜日は、ソロドラに挑んだるなさんの応援で再びバルガへ。
あと一息で力尽きてしまったるなさんでしたが、まあ一発勝負で勝たれたらパト的には心中フクザツだし。(´_ゝ`)
Pat061112170703a
赤/忍と、ハダカエプロンの黒/白2人で挑戦。
Pat061112172339a
グラビデ・スリプルで精霊攻めにすれば、薬品なしでもそんなに怖くありません。イヤンなWS攻撃もあんまりこないし。
MP休憩入れて10分くらいで撃破。楽しかった~♪
るなたんおめーヽ(´∀`)ノ

| | コメント (6)

2006年11月 2日 (木)

からくりカプリツィオ

“カプリチオーソ(気ままに気まぐれに) カンタービレ(歌うように)”
ドラマ『のだめカンタービレ』、バカバカしさが何気にハマってます。
仮装劇っぽいドタバタギャグは原作コミックを踏襲しているのでしょうか? お笑いはドラマになると演出の巧拙が際立って目につくものですが、この監督さんは上手ですね。

先週末の活動日記を書こうとしてたら、もう次の週末ですが……。連休うれしいけど1週間早すぎ。
今週はサンドがサルタを取っているにもかかわらず最下位、バス1位という状況なので、礼服ゲットまでの戦績6000ポイントをなんとか工面して、わたしもサンドリア移籍を果たしちゃいたいところ。
最近、LSのみんなが軒並みサンド人になってしまって淋しいし、ミッション盛り上がってるときに一緒にやりたいしね。。。
1位なら獲得戦績1.5倍だし、経験値40000ポイントくらいでなんとか……うーんうーん;;
メリポで40000なら早そうだけど最近のメリポPTはアトルガンエリア主流だし……赤Lv45をLv51まで上げれば45300ポイント……低ジョブならLv7からLv20まで上げて41600……と、考えてるだけでまた週末が過ぎそうなヤカン。
とりあえずOP補給するか^^^^^^^^

≪週末気ままレベリング≫
と、そんな危機的状況が訪れるとは夢にも思わなかった先週末は、ぞるたんと気ままに遊ぶソロレベリング・からくり編。なんてったってマトンの名前がCapriceですから、マジメにPTで稼ごうなんて全然考えてもいませんのよ。(´_ゝ`)
Pat061028185037a
Lv25になったら、クフィムのほとんどのカニがおなつよ~つよ+++になったので、結構いい感じに狩りができました。まあ、カニはミミズに比べるととても硬いので、つないでも2チェーンくらいですが、途中にミミズがはさめれば3~4チェーンなんてことも。(=´∇`=)
Lv25⇒Lv26に必要な経験値は5300ポイント。上がりたてから始めて1000ちょっとまでの約6000ポイントを、Tパール2回分の3時間で稼いだので、だいたい時給2000くらいでしょうか。
いま、ぞるたんは1回の呼び出し90分、狩れるモンスは30体までなので、1体あたり100~120くらいを3分1体のペースでやってる感じかな?
Pat061028181502a
ひさびさのクフィムのオーロラ。何度見てもやっぱりしゃしんを撮ってしまう(笑)

≪カプたん、ドラでびぅ≫
土曜の夜は、最近サンドへ移籍したおんちゃのドラゴン戦が催されることになっていたので、Lv25制限で装備もちょうどいいし、からくりで参戦してみました。
Pat061028221021a
今回のメンバーは、赤(主役)ナモ赤黒か、と構成的には良編成ですが装備は見ての通り。フツーなのはわたしとちょむさんだけ?(゚Д゚)
Pat061028221354a
カプたんは、挑発でちゃんとタゲを取れていました。(´∀`)
攻撃力もなかなかだったみたい。みんなが素手だったからかもしれないけど……。
Pat061028221427a
とりあえず楽勝。おんちゃおめ~♪
闇王同様、ドラ戦もすっかり面白バトルの対象ですね。

≪カエル獣人ポロッゴちゃん≫
VU後何度目かのビシージ。
テンポラリアイテムの支給や、オープニング&エンディングイベントの変更で、冗長な感じになってきたビシージも楽しさアップ☆ 目下の楽しみは、巨人の薬&魔人の薬でHP1400・MP2200、古代II連発ヒャッホイですが……。
なんとマムーク軍に、あの話題のUMA(ウマではナイ)ポロッゴちゃんが!!
Pat061029211124a
「獣人」に分類されてる割には、見た目まったくタダのカエルなんですが……。魅了ワザを連発してくるらしく、しゃしんを撮るのに夢中になっていたら、操られた人々にボコボコにされていつのまにかちんでいました。(・ω・)
そんなワケでポロッゴちゃんの真の強さは未体験。あの伝説の魔法「トード」を使うというウワサは本当なのでしょうか?? また会いたいな~。

≪特使の御楯≫
日曜日はLSのみんなと待望のアトMバトル編。
ウィンダス大使カラババ様と一緒にハルブーンのナバゴ処刑場に乗り込んで、怪しい近東のヒミツに迫るのです!
Pat061029230718a
トロールの国で作られている(?)合成獣キマイラ。劣化ベヒーモス?
Pat061029231136a
冒険者の風のウワサでは、ブチ切れたカラババ様の魔法攻撃がそれは凄まじいと評判なので、わたしたちもわざとカラババ様に敵の攻撃が当たるように仕向ける作戦を試してみることにしましたが……古代魔法II連発のくせに全然タゲを取らないんですのよ、この御方は!!^^^^^^^
範囲ダメージで減っていく仲間の体力を回復するだけでケアルヘイトをがんがん稼いじゃって戦闘不能になったりもしましたが、とりあえずカラババ様のお力により撃破。期待のブチ切れは見られませんでした。残念。

後日談によれば、カラババ様はこのナバゴ行の後、皇宮で大暴れ魔法演舞を披露して、どうやら魔笛までもう一歩のところまで迫った模様ですが、残念ながら詳細は語られず。(笑)
今回の近東訪問で、ますます魔笛の脅威は確実なものになったみたいです。今後の展開も楽しみ!

| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[02]ミッション | [03]クエスト | [04]エピソード | [05]季節イベント2006 | [05]季節イベント2007 | [05]季節イベント2008 | [05]季節イベント2009 | [05]季節イベント2010 | [05]季節イベント2011 | [05]季節イベント2012 | [05]季節イベント2015 | [07]ヴァナ百景(人々) | [07]ヴァナ百景(風物) | [08]ヴァナNEWS2006 | [08]ヴァナNEWS2007 | [08]ヴァナNEWS2008 | [08]ヴァナNEWS2009 | [08]ヴァナNEWS2010 | [09]システム | [10]ウィンダス | [11]バストゥーク | [13]ジラート | [14]プロマシア | [15]アトルガン | [16]過去世界 | [17]アビセア | [18]シャントット帝国 | [18]モグ祭りの夜 | [18]石の見る夢 | [19]NPC | [20]バトル記録 | [22]NM | [23]BFNM | [24]モンスター | [25]ぴくしーたん | [25]りこぽん | [26]アサルト | [27]カンパニエ | [28]メイジャンの試練 | [29]特殊攻略部 | [30]ジョブ関連 | [31]黒魔道士 | [32]白魔道士 | [33]赤魔道士 | [34]踊り子 | [35]召喚士 | [36]青魔道士 | [37]獣使い | [40]からくり士 | [41]からくり成長記録 | [42]からくり装備 | [43]サポからくり | [44]カプたん | [47]スキル・ステータス | [50]サブキャラ活動 | [51]フェル | [52]ジュリア | [53]コパト | [54]ミラネコ | [55]サンクティア | [56]ルッチー | [60]フェロー | [61]ぞるたん | [62]ラディさん | [63]マホちゃん | [64]フェロー装備 | [65]フェロークエスト | [66]フェローポイント | [70]チョコボ | [71]チョコボ育成 | [72]チョコボレース | [73]チョコボ掘り・宝探し | [80]モグハウス | [81]収納問題 | [82]アイテム | [83]ファッション | [84]マネキン | [85]栽培 | [86]合成 | [87]釣り・収集 | [90]よもやま話2006 | [90]よもやま話2007 | [90]よもやま話2008 | [90]よもやま話2009 | [90]よもやま話2010 | [90]よもやま話2011 | [90]よもやま話2012 | [90]よもやま話2013 | [90]よもやま話2015 | [91]おともだち | [96]ヴァナ商品 | [98]おしらせ | [99]リアルライフ