« パクララさん | トップページ | 乾坤圏への道・中間報告 »

2011年12月12日 (月)

AFコレクション(3)侍編

パトのAFコンプリートは、今のところ黒・白・赤・か・召・踊・忍・モ・学・戦・侍で11ジョブ。
あと12月10日付で、ミラテテ育ちのシーフがついにLv50に到達。これはもうやるっきゃないか!


■侍AF(パト) (2011-12-04)
パトにとって侍Lv50になることは、AF取得可能レベルに到達するというのももちろんですが、それ以上に、「ソボロ助広」がようやく装備できるという点で、ずっと楽しみでした。
まだレベル40制限下にあったリヴェーヌで、ソボロ取りツアーのどさくさにまぎれて手に入れたのは、もう何年昔になるでしょう。。。
制限解除された今ではソボロを取るのも簡単になったことと思いますが、いろいろ苦労したり、大勢で協力して手に入れたもののほうが、何につけても思い出深く、大切なモノとして心に残っています。
とかいいつつ、今頃Lv50になってごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。

【黄泉送り】 ― 侍AF両足
ノーグの海賊の頭目ギルガメッシュと、滅亡したタブナジア侯国との因縁がうかがえるエピソード。
水晶大戦末期に無念の死を遂げ、今もさまよい続ける多くの魂たちを“還る場所”へと送るための鎮魂の儀式、「黄泉送り」を手伝うことになった冒険者。
まずは儀式に必要な神刀を修復するため、オンゾゾの迷路に現れる魔物の羽根を手に入れてくることに。魔物を呼び寄せるためのエサの材料集めとか、雑用もしっかり込み。

Pat111127201523a
Lv90超でも容赦なく寝かされる「魔物達のララバイ」を歌いまくる大鳥NM。毒薬なしで行ったらかなりうっとうしかったです。

いろいろ準備が済んだら、いよいよ鎮魂の儀式です。
場所はバルクルム砂丘の西の果ての隠れ海岸。ここは昔タブナジアと地続きだったところで、白魔AF(武器)取得のときにもタブナジアの怨霊を鎮める舞台となりましたね。
NMが現れるのは“夜間”ってことですが、日没後~日の出までの間でいいらしく、太陽が水平線に沈んだ後、だいたい18時すぎくらいには戦闘可能に。

Pat111128004329a
美しい日没

個人的には、女神アルタナ信仰が優勢だったであろうタブナジアの人々の魂を送るのに、こんな東方風の儀式をするのはかなり違和感を感じないでもないですが、ノーグに移り住んだギルガメッシュ一党がタブナジアの船乗り(=公認海賊)だった頃から東方と関わりが深かったことを考えれば、タブナジアはもともと、現在の地下壕に残る人々の暮らしぶりやプロマシアの物語の描写から受けるイメージよりも、より東方文化が色濃く根付いてた土地だったのかもしれません。

Pat111128004538a
出てくる魔物の名前も“和風”テイスト

そもそも、仮にヴァナ・ディールが球体の世界だとすると(※パトはヴァナ・ディール=平面説支持派です。だって世界には時差がないから(爆))、クォン大陸の西の端にあるタブナジアと、はるか東方の“ひんがしの国”は、案外と、海を隔てて比較的近くにあるのかもしれないわけで。そうすると東方文化が東からではなく西経由でダイレクトに伝わった可能性も高そうですよね。
ただし、今ではもうひとつ、中の国の西方には謎のウルブカ大陸という土地があることが明らかになっているので、東方と中の国との距離感はまた開いてしまったのですが……。


【先代の遺品】 ― 侍AF頭
侍のAF取得クエスト第3話は、頭装備にまつわる物語。
アーティファクト取得が目的でありながら、防具そのものについて語られてるシナリオって実は少ない気がするのですが、さすがに侍の“鎧兜”は防具の華というイメージが強いせいか、しっかり“モノ”が主役になってます。(でも鎧はさらりと箱からゲットだけど)
ストーリー的には、魔人を封じ込めた兜が盗み出された→取り返してこいってだけのシンプルな筋立てではありますが。

Pat111203191442a
こちらも和風テイストな名前のデーモンたち

世界3ヵ所を回って情報を聞くとか、いったんBF(ワールンの祠)の前まで行きながら、イベントだけ見てノーグに戻って御守もらってまたBFに出直すとか、やたら手順の面倒なうえに、バトルも装備レベルのLv60前後の6人制限としては比較的難しめ。
パトは何回か友だちのお手伝いで戦ったことがありましたが、確かLv60時代の挑戦では1回全滅で敗退、2度目で勝利とか結構熱かった記憶があります。
黒魔道士・暗黒騎士・召喚士の組み合わせで、アストラルフロウが怖いんですよねー。

Pat111203191645a
アスフロで呼び出されたのはうなぎさんでした

まあ、Lv95での挑戦なら全然余裕ですが、それなりにダメージもらったりはするので、回復手段のあるジョブでいくのが安全でしょう。
パトはからくりサポ踊り子で、白兵カプたんに暗黒の相手を任せて、黒→暗→召の順でやっつけてみました。

  *  *  *

その他、侍AFの箱開け編は
手(魔手クエ):クフタルの洞門
胴:ウガレピ寺院
脚:流砂洞

宝箱(コッファー)の鍵を落とすモンスターって、だいたいLv95でも経験値の入る楽なことがほとんどだと思っていましたが、流砂洞だけはなぜか練習相手レベルなんですな。(・∀・)

Pat111128044543a
箱開けで一番怖いのはウガレピ寺院
Pat111128035229a
クフタルはサボテンの近くとかだと怖いですね
Pat111128050825a
闇の炎に闇連携!
Pat111204062212a
やっぱ侍の鎧兜は飾りがいがありますよね☆

ようやく何年か越しで、練武祭に五月人形を飾る夢が実現できそうです。(しまったきりになりそうだけど)

|

« パクララさん | トップページ | 乾坤圏への道・中間報告 »

[83]ファッション」カテゴリの記事

[03]クエスト」カテゴリの記事

[30]ジョブ関連」カテゴリの記事

コメント

書けたー! のでもういっちょ!(*´∀`)

武者装束ゲットおめ!!ヽ(*´∀`)ノ 来年の練武祭ではぜひ、武者姿でのバトルSSを(*´Д`*)
お侍はまだ手つかずなので、ぱとるんリポートとっても参考になる! ウガレピの箱あけはホントに鬼門だったけど、今でも大リンクとか引き起こすと怖そうなイメージ(*ノノ) そして場所によって面倒くささがー!w

そういえば、そろそろ総獲得経験値で並ばれたっていうか抜かされたような気もする(・∀・)☆

投稿: 夜月 | 2011年12月16日 (金) 10:49

★よっちゃん
ウガレピはね~☆だいたい小部屋にもれなく視覚感知のトンベリ付きだからね(/ω\)
今回の小部屋はLv75のルッチーならからまれないレベルだったけど、厨房とかに沸いてたときは、Lv75の2人に付き添ってもらったのに全滅したこともあったナー(/ω\)
Lv99時代でもからまれるのは変わりないけど、さすがに死ぬことはないと思いたいw
あとカギ2つ使用かBF経由じゃないと行けない部屋とかに沸いてても詰みだよねっw

ええっ、総獲得経験値……ま、まだまだじゃよと言いたいけど、95ジョブ増えたからね(/ω\)
来年はAFオールコンプできるかなー♪

投稿: ぱと | 2011年12月16日 (金) 11:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パクララさん | トップページ | 乾坤圏への道・中間報告 »