« 格闘:試練No.141、142 ビースト | トップページ | 両手棍:試練828 光曜日ナンデモ »

2010年7月14日 (水)

両手棍:試練No.791 クモ

試練のクリアとルッチーのレベリング(もちろんパトも経験値稼ぎ)の一石二鳥狙いで進めてきたメイジャン@レベルシンク大作戦でしたが、両手棍No.791の光連携系天候(熱波・風・雷・オーロラ)のクモは、思いのほか苦戦しました。

■両手棍 クルック → テイウァッツ → スーリヤの杖
(最終形態)D49 隔366 Lv80~ 白黒赤吟召学 ケアル回復量+17%
  試練No.790→791→828→829→834→838→1700→1701

--------------------------------------------------
【両手棍】 試練No.791 
テイウァッツ(D41 隔366)
+追加性能⇒ 耐火+5 耐風+5 耐雷+5 耐光+5
スパイダー族 50匹、火風雷光天候の時
--------------------------------------------------
ルッチーのモンクがLv45になって、東アルテパのクモでは経験値が入りにくくなったので、西アルテパのクモへシフト。
FoV1ページ目のクモとアリのメニューを混ぜて、普通に狩りをしながら熱波待ち。ダルメルや夜だけ出てくるミミズなんかも美味しいので、FoV終わったらなるべくクモは残しつつ狩り。
しかし熱波こない! ずっと砂嵐!
もう竜巻見てもぜんぜんワクワクなんかしない!

その昔、パトがまだ若かった頃、炎のクリスタルは現在のように競売でダース数百ギルで投げ売りされるようなモノではなく、炎のエレメンタルなんて沸いたら即狩られるような人気者でした。
貧乏だったパトも、合成のために使う炎クリを工面するために、バルクルム砂丘のゴブたんの焚き火でヴァナ何日も熱波を待ち続けたものです……(遠い目)

そんな思い出が頭をよぎりました。
炎クリが二束三文の価値しかなくなった今でも、熱波待ちのじれったさだけは変わらないのですね。まぁ、ほかの天候も、きてほしいときにはなかなかこなくて、じれったい思いをするのは同じだけど。
それでもアルテパ砂漠が実装されたときは、ほかのどのエリアよりも熱波・灼熱がきやすい印象があったんだけどなぁ。しかも割と夜遅くまで持続していたりして。

Pat100710205109a
ルッチーのモンクはLv47になりました

実はあまりにも熱波でのクモ狩りがはかどらなかったので、ほかの狩り場も巡ってみたことはみたのです。
ドルチェの御札貼りでボヤーダ樹跳んだついでにエスケプして、雷待ちとか。ロングジャーニーが発動していた2週間ほどは、御札貼りの用がなくても音叉で飛んで様子を見に行ったりとか。でも、十数回行った間中、ずっと晴れ(くもり)でした。雨さえも1回しか見ませんでした。なに?いまボヤ乾季なの??
何時間も張り込めば変わったのかもしれないけれど、パトが何もしないで待てる時間は10分が限界です。何か狩りながら待ってもよかったんですが、ちょうど格闘武器の闇曜日も近かったので、キャッツクローのほうへ寄り道しちゃったわけでした。

       *

そして、格闘武器の闇曜日簡単コースも終わってしまい、ようやくクモに気持ちが戻ってきました。
とりあえずレベルシンクからは離れて、本来のレベルで挑戦しよう。
先達の皆さんが書き記した体験記を読みあさり、比較的スタンダードな標的をチェック。(`・ω・´)

ボヤーダ樹(Lv60~63:水/雷)は前述のとおりであきらめ。
クフタルの洞門(Lv63~66:風/火)は、該当天候にしか変わらないのは魅力的だけど、あそこのクモには昔、箱開けのときにフルボッコにされたトラウマがあるので却下(^w^) クモがアクティブとか普通思わないジャン!(←認識が甘かった若き日) 近くにサボテンもいるし。
となると、やっぱりワジャーム樹林(Lv63~67:風)かバフラウ段丘(Lv64~65:風)か。
アルザビ周辺はスタンダード中のスタンダードと思いつつも、普通にレベル上げの人や素材狩りの人が多いことと、レベルがやや高めなのでボヤとかより苦戦しそうなイメージから、これまでいまいち気乗りしなかったんですが、とにかく行ってみるしか!
一番レベル上がりにくいかなと思ってた召喚士も、なんだかはずみでMMMやって77に上がってたことだしっ。

サラヒム社の人に300ギル渡して白門に跳ぶと、いきなり風! 風吹いてますよ!!
がぜんテンション上がって埋み門からワジャームへ飛び出しました。
……が、案の定というか、まさかここまでというか、「いつもこのへんにいたよね?」っていう記憶のあった場所を走っても走ってもクモがぜんぜんいません!

Pat100713002118a

ようやくクモを見つけたときには、「バラカフ回想録」のクエストで何度か訪れた(←倉庫分)おじいちゃんの思い出ポイントまできていました……。
でも、ちょうどだれもいないし、4匹のクモはリンクするけどノンアク。夜になると現れる厄介なフォモルもこの近くにはこないので、とっても安全なポイントです。
バラカフおじいちゃんのしゃしんを撮りにきたときは、風が吹くと苦々しく思ったものだけど、まさかここでその風を待つことになるとは。

Pat100713004229a

狩ってみると、やっぱりちょっと攻撃痛めだけど、スピリットテーカーとエレメントサイフォン、それにサポ学者の机上演習を駆使すれば、かーくんで休みなく狩り続けられる感じ。
入る経験値はサンクションのみ指輪なしで80くらい。
強スロウや痛いシックルも侮れませんが、パト的盲点は毒。
かーくんが毒を浴びると、ちょっと意外なほどざくざくHPが減っていくので、癒しIIにかかるMPがやや厳しかった。
ベテラン召喚士の人には常識かもしれないけど、連戦のときはかーくんを治して戦闘続けるより、こまめに呼び直したほうがだんぜん経済的なんですね。

Pat100713004546a
風も吹いてることだしと、気分を変えてガルーダお姉さまを召喚。プレデタークロー1発+αで沈むのは爽快なんだけど、MPコストが~。
Pat100713025240a
リンクの限界は2匹まででした。3匹はやっぱりしぬ。
Luc100713025850a
タイミング悪くリレイズが切れてたのでスーパーフェロー・ルッチー召喚。
Pat100713044602a
ポチも悪くないけどHP治せないと毒浴びたときは不安。

よりにもよって残り1匹というところでリンクがさばききれなくてプリってしまいましたが、なんとか20匹狩ってNo.791終了。
約2時間半くらいの間に2回ほど風がやみましたが、いったん吹き始めると長めなのが助かります。やっぱりスタンダードにはスタンダードたりえる理由があるのだわ。
お土産の蜘蛛の網も、アルテパとは比較にならないくらいいっぱい拾えたし!

100713_045024
そういえばルッチー、五蛇将のクエやってなかった
100713_030552
はからずもタコヤキの鉄板みたいな絵になりました☆

両手棍、次の試練は光曜日または光天候に種族指定なしで50匹。
これはラクだー☆
格闘武器がシビアなペット〆の段階に突入したので、しばらく両手棍に集中することになると思います。
面倒を後回しにして倍苦しむタイプ。ハァ。。。

|

« 格闘:試練No.141、142 ビースト | トップページ | 両手棍:試練828 光曜日ナンデモ »

[28]メイジャンの試練」カテゴリの記事

コメント

たこ焼きと呼ばれてやってきました^^

投稿: Tako | 2010年7月20日 (火) 20:09

★タコさん
そこに反応してくれた人がいて超うれしいわwwwww

でもキレイな画像でよく見ると、まだ生焼けの生地みたい。。。

投稿: ぱと | 2010年7月21日 (水) 11:39

この記事へのコメントは終了しました。

« 格闘:試練No.141、142 ビースト | トップページ | 両手棍:試練828 光曜日ナンデモ »