« 新世界談義 | トップページ | あぶなかったヨ! »

2010年6月18日 (金)

ルッチーの限界突破☆1

「ねえモグたん、次回のバージョンアップでレベルキャップが80まで解放されると、やっぱりまたマート爺から“限界突破”の試練を受けることになるのかなぁ?」
「クプ……これまでの経緯を考えれば、何の試練もなくレベル解放なんてことはありえないクポ。でも、試練をくれる人が変わる可能性はあるクポね」

Pat050128020353a_2
いまのところマート爺有力?

「アトルガンの3ジョブとアルタナの2ジョブは、マート爺以外の人との師弟対決だったしね……全ジョブ個別のクエストだったら楽しそう♪」
「(ボソ)ぱとりちぇ、しゃまるはーん師匠トモ、マダ戦ッテナイジャナイ」
「う、カプたん……それは、いつかは挑戦してみたいと思うけど、必要に迫られてないといまいち優先順位が、ね。証とりもたいへんだし……」
「ショセン、ぱとりちぇノカラクリ士ニ対スル熱意ナンテ、ソノ程度ノモノナノネ(ツーン)」
「むう……そういうわけじゃないけどさぁ」
「まあまあ。AF取得クエストもそうだけど、ジョブ別クエストだと他バージョンのエピソードが気になっちゃうクポよね」
「うんうん。試練をくれるのがマート爺にしろ、ほかのお師匠にしろ、やることのパターンはそんなにバリエーションないだろうから、イベント面に期待しちゃうっていうか」
「だいたい、何かアイテムをいくつかそろえてくるとか、行くのが困難な場所へいってくるとか、BFで強敵とバトルか、そんなパターンクポね」
「なんかもっとこう、画期的に面白い試練にならないかなー」
「ヴァナ・ディール横断☆超ヴリトラクイズ!全世界100箇所のポイントを巡って100問全問正解でクリアとかどうクポ?」
「ひぃ~バトルよりたいへんかも。Lv99になるための試練とかなら、そんなんでもいいかもしれないけど、途中の段階はもっとラクしたいよー」
「まっ、ともかく来週のお楽しみクポ♪ それよりご主人さま、ルッチーも最初の限界クエをやってきたのではクポ?」
「そうなんでスよ、モーグリさん」

Luc100611_042815
とっくの昔にイベントは終わったのに電報もらえました
Luc100611_042933
これから長いお付き合いになるのデスネ

「おお、おめでとうクポ~! 苦労したクポ?」
「楽勝だったよねえ、ルッチー」
「……物足りなかったでス」
「余裕発言クポねえ。頼もしいクポ」
「イエ、違うんでス。ワタシは……入り口でお留守番シテただけなんでス」

Luc100612_021109

「ええ~クポ? ご主人さま、それはずいぶん甘やかしすぎクポ」
「うーん、はじめはパトも、片手棍や両手棍のスキル上げも兼ねて、奥まで連れていこうと思ってたんだけどさぁ……エルディーム古墳ってアクティブなアンデッドの巣窟じゃん?」
「そりゃあ、お墓だし、クポ」
「パピルス落とすリッチが狩られてても困るし、カノー様護衛の人たちがいないような真夜中の時間帯に行ったら、逆に今度はホネがいすぎて、最初のホネ部屋でも囲まれちゃってたいへんなことに……」
「ぱとりちぇガ横着シテ、1匹ズツ安全圏ヘ釣ラナイカラ、アアナルノ当タリ前ネ」
「ホネは範囲ダメージもあるし、弱レベルでも侮れないクポね」
「カノー様護衛より難度が高かったよ~。まあ、そんなカンジで、一緒に叩かせられないならわざわざ連れ回しても意味ないし、時間優先で入り口待機ってことに」
「でも、この日(※6/11)は金曜倶楽部のカノー様護衛に便乗しテ、護衛報酬のミラテテ様言行録と初回クリア報酬1万ギルもゲットできたノデ、うれしかったでス☆」
「そのときはパピルスは出なかったけど、なんとタブナジアの呼び鈴が出たしね!」
「白魔AFクポね。超ラッキークポ☆」

Luc100612_025330

「クロウラーの巣は、古墳や要塞に比べると安全だったけど、やっぱり時間優先でさくさくっと☆」
「トカ言イナガラ、関係ナイ蜂ヤ大さそりモ、ツマンデタヨネ」
「関係なくないよ~。サソリ部屋は張り込みの人がいて、西奥通路の1匹しか狩れなかったけど、ハチからはなんとロイヤルゼリーが2つも取れたしっ!」
「クエストアイテムの【デルフの腐葉土】と【ロイヤルゼリー】を狙ったのクポね」
「セッカクノぜりーハ、合成デろすとシチャッタケドネ」
「カプたんは余計なこと言わなくていいから^^^」
「クロウラーの巣も、悪徳業者の団体がいなくなって、昔より素材狩りがしやすくなったみたいクポね」
「ボナンザが終わってカバンが空いたら、ロランベリークエもやりにいこうね♪」
「ハイ、マスター。オラヴィアさんの護衛も、お願いしまス」

「残るガルレージュ要塞のアイテムを落とすボムは、第1魔防門の奥だけど、いまはやっぱり“例の手”でラクラク……クポ?」
「もち、過去経由よん♪ いい時代になったわよねえ」
「初心冒険者のうちから過去世界へ行ったりしなきゃいけない分には、ラクとばかりも言えないクポけど……」
「ついでに、すっかり忘れてた踊り子ジョブ取得クエもやってきたよ」
「オファーを受けたノは、もうズイブン昔のコトのような気がしまス」

Luc100612_034233
ついでという割には遠回りですが

「踊り子といえば、ナイスなジョブ調整が入るクポね!」
「そうそうそ!! Lv20から二刀流が、ジョブ特性で使えるようになるんでしょ。うれしいよねえ」
「サポ忍にしなくても二刀流が使えるとなれば、踊り子自身のサポ選択の幅も広がるし、サポ踊り子にした場合でもメリットが増えるクポ」
「からくり士は短剣持ってもあんまり強くなれないけどね……SP技使えないし、クエストWSもトライアルダガー装備できないから夢想同様覚えられないし……ブチブチ」
「ご主人さま、どっちにしても、いまほとんどサポ踊り子になってることないじゃないクポ……」
「ま、そうだけどね☆」

Luc100612_043654

「ガルレージュ要塞は、この先AF箱開けとかで、何かと行く機会がある場所クポね」
「リコポディウムさんのお花の香りも、しっかり覚えてきまシた」
「2門の行き来はこれで便利になるけど、実は3門の先は、いったん段差を降りるともう戻れないから要注意だね」

Luc100612_045845
ボム広場まで降りると、もう1人ではソロムグ出口へ戻れません
Pat100612045814a
ボムの炭ってずっと100%ドロップだと思ってた


Luc100612045127a
ほかにも、石碑の碑文とりをしたり……
Luc100612_044705
例の人にも会いまシた

「なにはともあれ、お疲れ様でしたクポ。ルッチー、おめでとうクポ!」
「ハイ、ありがとうございマス」
「ルッチーは、この先どのジョブをメインに伸ばすか決めたのクポ?」
「やっぱり、マート爺との対決が一番ラクなのは、なんといっても白魔よねーっ! ふだんの冒険でも使い道が広いし、ガル白AFも可愛いし♪」
「でも、モンクや戦士で正々堂々勝負したい気もしまス」
「せっかくだから、ガルカ前衛の攻撃力も存分に堪能したいよねえ……頑丈なナイトも捨てがたいし、迷っちゃうなー」
「白い鎧が着てみたいデス☆」
「がんばって修行に励むクポ! とりあえず、次は限界2クポね~」
「ウフフ、実はパトちょっと楽しみ♪」
「ご主人さまは、その前にLv80への限界突破クポ」
「からくりの新アビ、ちょうたのしみっ!」

Luc100612_051627
結果だけ見て手段は問われない試練というのもどうかと思いマス

★おまけ★
Luc100612_052407
踊り子の道も、サポ用以上に魅力を感じマス
Luc100612_052240
自分の未来を見ているようデス

|

« 新世界談義 | トップページ | あぶなかったヨ! »

[56]ルッチー」カテゴリの記事

コメント

同じ方法(?)で限界1突破したようでwww
限界2もスーパーフェローがソロで楽勝と言ってましたのでお任せでw

投稿: ジェームス小野田 | 2010年6月21日 (月) 10:10

★オノダさん
ナカマー(・∀・)人(・∀・)
限界2はモンスの再ポップの速さが、どんくさいパトにとってちょびっと不安要因なくらいかなー。
限界3のオズ城とかも、ちょっと面倒くさそうだけど、ルッチーがそんなお年頃になる頃までにはパトはもっと強くなってるハズだから、きっと楽勝に違いない。ハッハッハッ

投稿: ぱと | 2010年6月21日 (月) 16:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新世界談義 | トップページ | あぶなかったヨ! »