« ヤグルシュ! | トップページ | ふたりのVana'diel March »

2009年9月 4日 (金)

未来戦士タッグ

さて、夏休み中は、平日昼間からヴァナで遊べる☆ということで、時間のかかるシナリオ関連の進行と、人がいる時間帯にはやりにくい「イベント再放送」にたっぷり時間が費やせました。
主にアルタナ・シナリオの最新実装分・終盤戦と、モグ祭りの最終BF前までを堪能してきましたヨ。(´∀`)

Alt1801_090826
再放送(リプレイ)もバッチリPC画質で☆

≪囚われの迷宮で≫
(前略)
敵の手中に囚われてしまったリリゼットとポーシャを救い出さねば!
ということで、氷河の地下に広がる洞窟へGO☆
過去世界では、カンパニエopsをはじめ数々のクエストでバトルの舞台となるレイヤーエリアの地下洞窟ですが、ボスディン方面にまで入り口があるなんて、どれだけ広いんでしょう!
現代のモブリンズ・メイズモンガーでも使われているところからも、モブリン(ゴブリン)たちが掘りに掘ってつなげまくった超巨大地下迷宮なのだと思われますが、中の国の大陸の地底は、どこもかしこも穴だらけってことなんでしょうねぇ。

余談はさておき、この章は洞窟の壁を爆破して目的地にたどり着けばいいだけで、2人以上いれば戦闘なしでもクリア可能、1人でも補充用の火薬を落とすゴブリンを倒せる力量さえあれば大丈夫ってことなので、せっかくだし挑戦してみることに!

Pat090826143325a
むしろイベント地点にたどり着くまでの道中のほうが脅威。みやぶりタウルス多すぎ!

手順は、例によってFFXI Wikiなどの攻略サイトに詳しいので省略しますが、最初のチェックポイントでイベントを見たあと、もう一度調べないと導火線をつないだことにならないってとこが要注意でしょうか。
パトはうっかり調べずに、先にスイッチのところまで行ってしまって、ちょっとウロウロしてしまいました。(←単に不注意なだけ)
洞窟の奥まで進まなくても、手前3分の1くらいのエリアで事は済んでしまうんですが、一方通行の段差などが少しややこしかったです。
ゴブたんは、Lv75からくり士で問題なく倒せる強さ。シーフタイプでトリプル当たると痛いので、マトンの詠唱タイミングによってはちょっとヒヤッとした瞬間も。(ノ∀`)

Pat090826141421a
倒すと光が現れて、火薬が3個拾えます。光はしばらく消えないので、急げば使ったあと補充に戻ることも可能。
Pat090826142347a
うずまきを発見したらゴール。

首尾よくリリたんとポーシャを助け出したあとは……
Alt2401_090826
ネコのケンカを見たり
Alt2403_090826
吸い込まれそうになってアワアワしたりしながら次章へ!

≪禁断の口≫
ここでいよいよ、物語の最初からの謎だった「禁断の口」の正体が明らかに!
といっても、なんで現代では石化しちゃってるのかとか、なんでこれが現代と過去をつなぐ門になってるのかとか、詳しいところは依然として不明なんだけどッ!
でも、どうやら「禁断の口」こと“時を喰らう神獣・アトモス”(の手足?)は、ケット・シーによって召喚される存在らしいので、世界中に禁断の口が現れたのは、やっぱりケット・シーのしわざだったのかも!

さて、裏切り者のケット・シー・ケッヘと戦うことに。
このバトルはリリゼットも参戦して一緒に戦ってくれるのですが、情報によれば、彼女を後方から回復サポートしてあげるだけで、ソロでも簡単に勝ててしまうということで……。
そんなことを聞いたら当然、挑戦してみるに決まってるじゃないですか! リリたんとパトは未来戦士タッグを組んだ同志なのですから!(`・ω・´)
できればパトも踊り子AFに身を包んで、華麗にリリたんと競演したいところでしたが、前に出て一緒に戦うのはさすがに死ぬと思うので、タル白/学の豊富なMP量をすべてリリたんのHPに変換する戦法で挑みます。

強化は持ち越せないので、中に入ってからストスキ・机上演習・白グリ・リレイズ・プロシェル・ハートオブソラス、リリたんにプロ4・シェル4して、しばしヒーリング。
リリたんは味方が抜刀すると戦闘開始するそうですが、時間経過(3分?5分?)でも自ら戦闘開始します。
MP満タンになる前にしびれを切らして飛び出されちゃったので、しぶしぶ立ってリリたんにヘイスト。
あとはケアルケアルケアル……簡素清貧をリキャごとに使ってケアル5でごっそり回復とか、女神の印を混ぜたりしてMP節約。
そういえば、序盤にタゲ取らないようにと思ってケット・シーに弱体とかしなかったんだけど、結局最後までしなかった気がする(爆爆爆)

Pat090826150514a
ソロといっても戦闘の中心は遠く離れた場所なのが淋しい;;
Pat090826151133a
しばらく放っておいてヒーリングしてても余裕のよっちゃん

アトモスのソウルバキュームで全能力値が1にされちゃうと、リリたんのHPも減りやすくなる上、パトのケアル回復量も減っちゃうので若干押され気味になりますが、特にピンチに陥る場面もなく、淡々と終了~。
一番の脅威、レベル?ホーリーも、使ったのか使わなかったのか外れたのか当たったのかよくわからなかったなぁ……。
それにしても、リリたんはどうしてこんなにつよいの。(*´∀`*)
通常の戦闘型パーティよりヒーラーソロや後衛パーティのほうが楽なバトルっていうのも珍しいですが、力押しでガシガシ行くバトルも楽しみたいので、だれかこれからやる時には連れて行ってもらおう☆

ケアル回復量減少の例
Pat0908261
ケアル5はステータスブーストをすればするだけ回復量が伸びるので、本気で装備やメリポを増強すると回復量900(天候等で1000超)にまで迫れるそうですが、パトはあんまりMNDブーストもケアル回復量アップ装備にも気を使っていないヘッポコ白なので、通常のケアル5回復量はだいたい734~804。
それがソウルバキューム後は504に。
Pat0908262
約4割も減っちゃうのは大きいですね。
こういうときにこそ、簡素清貧を使って消費MPを節約したいところだけど、使えてないし……。
本当は、自分かリリたんのどっちか片方はアトモスの範囲外になるように位置を調整するべきだったのでしょうが、クリアしちゃったら2度はできない勝負では、後であれこれ言っても仕方ありません。
反省は負けたときすればいいのさ。ははは。

さてさて、未来戦士コンビの息のあった戦いでケット・シー・ケッヘをやっつけて、いよいよパトも敵の親玉レディ・リリスに対面!
この場所は、最初のころに禁断の口に吸い込まれて迷い込んだ、あの場所ですね。中空に浮かぶのが、アトモスの本体ということなのでしょうか。

Alt2404_090826_2
ここでラストバトルになってもおかしくない状況だけど、物語はまだ続く……
Alt2405_090826
説明されても謎は深まるばかり
Alt2407_090826
レディ・リリスはどうしてこの時代にやってきたのか……

戦いの続く未来というのは、デュナミスのようなものなのかなぁ? あれはディアボロスが作った夢の世界だったけど、そんな世界が現実になった未来が、もうひとつ存在する……?

≪おまけ≫
Alt1901_090826
例のSS☆

|

« ヤグルシュ! | トップページ | ふたりのVana'diel March »

[02]ミッション」カテゴリの記事

[20]バトル記録」カテゴリの記事

[16]過去世界」カテゴリの記事

コメント

例のSS詳しくwwww

投稿: 長老@だぁ | 2009年9月 4日 (金) 20:22

★だぁちゃん
そのSSについてほかに語ることはなにもない。( ̄ー ̄)

投稿: ぱと | 2009年9月 8日 (火) 11:40

リリたんの赤い矢印ウケた(/ω\) 遠いお!www
いあーでもソロでできちゃうのってやはしすごいなー!! リリたんが強いのもそうだけど、改めて白魔の回復力に脱帽!☆ ソラスもいいアビだし、サポ学もすごく相性がいいねー(*´Д`*)
ソロ撃破おめでとぉぉぉ!!ヽ(*´∀`)ノ
バキュームだけど、やぱしぱとるんのログにもリリたんの能力が吸収されたというログは出てないねえ。何かフィルタしてたりするかい?
回復量の落ち込み具合からすると、リリたんもまた吸収されてるのかなぁ・・・。
うーん、数字見るのは好きだけど計算は苦手なのでよく分からないや!www
例のSSは、埋まりっぷりにフイタよwww(/ω\)

投稿: 夜月 | 2009年9月 8日 (火) 14:44

★よっちゃん
望遠にしてもぜんぜん見えないという(つ∀`)
よっちゃんみたいにリリたんと与ダメを競い合うのに比べたら全然難度は低いけど、こういうアプローチもゲームらしくて楽しかったよ!
薬品はポッケに入ってたHエーテルタンクから取り出したのを何個かヒーリング前に飲んだくらいで、あとは机上演習で全部間に合っちゃったから、やっぱりサポ学はMP効率一番だね☆

うーん、他NPCのバトルログ全部フィルタにしてるから、リリたんの与ダメも被ダメも一切記録に残せなかったのが残念なんだけど、バキュームの時はゲージの減りも目に見えて早かったから、やっぱりリリたんも能力吸収されてたと思うよ。
ケアル回復量には対象者のVITも関係するってあるけど、詳しい計算式なんてもちろん知らないし!
そういえばケッヘの能力値アップのほうはログ出てるのね。この違いはナニ?w

投稿: ぱと | 2009年9月 8日 (火) 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤグルシュ! | トップページ | ふたりのVana'diel March »