« 「現代水晶大戦」総括(遅) | トップページ | コパト、近東へいく »

2007年12月13日 (木)

奈落の傀儡師リバイバル

なんだか最近、数日おきにメンテナンスしてるような気がしますが。

アップデート情報 2007/12/13(公式インフォメーション)

カンパニエ時のワープ位置の変更だとかメッセージの追加だとか、微調整系が多いようですが、これはちょっと気になりますヨ。

・アライドタグの発行を受けたときに、PCのペットが消えてしま
 う場合があった不具合を修正しました。


遅いわい!!ヽ(`Д´)ノ
でも、よかったー。いちいちカンパ前にマトンひっこめるの、ついつい忘れがちなんだよね。
っていうかビシージのほうは修正されたのか??!(゜Д゜)

・カンパニエバトルの審査に関して、一部ペットの行動が反映さ
 れるようになりました。

■ビシージの防衛戦における貢献度に、一部のペットの行動が反映
 されるようになりました。


これ、マトンのこと?マトンのこと?(・∀・)
というか「一部の」ってどういうこと!!?
反映されないペットもいるっていうこと?!
ていうかペットジョブにとって分身も同然のペットの行動に差別化が図られているという事実があるとしたら納得できませんヨ!!
ともあれ、カンパニエやビシージでちょっと戦績増えるようになるならうれしいですね☆

   *   *   *

さて、レベル60になってから、レベル上げを目的とした狩りそのものはまったくやっていなかったのですが、カプたんと一緒に過去世界へ探検に行ったり、カンパニエやビシージに参加したり、ENMに挑戦したり、といろいろしてる間に、気がつけばレベル61になっていました。
Pat071202071811a
カプたんと楽しくテントウ虫狩り(経験値20~23w)

楽しく遊びながら経験値も入る。
コレですよ、コレ! パトが求めている理想のスタイルは。
まあ、楽しい遊びも習慣化すると一気に作業感が増すのは仕方のないことだけど、飽きない程度のバランスが肝要ですね。もちろんきっちりしたレベリングそのものも、パトは大好きです。
新実装のカンパニエバトルも、最初はどうなることかと思いましたが、だんだんバランスが取れてきたし面白いですね。
ビシージよりは敵が弱くて攻撃が当たるので、からくりパトもすっかりお気に入りです。(笑)

まあ、その話はまた今度にするとして、最近、毎週のお楽しみになってきたENMの『奈落の傀儡師』のお話を少々。
ムバルポロスのLv60制限ENM『奈落の傀儡師』は、挑戦者がソロのうえサポジョブ無効になって自ジョブと同じジョブのマネキンと戦う“マート式”BF戦です。
パトはかつて白魔でこれにハマってたことがありましたが、挑戦権を得るための事前準備としてやらなければならないゴブリンとのダイス勝負で払うお金がつらくて(爆)、ジョブ別戦利品の【ヒーリングフェザー】をゲットできて以来、足が遠のいていました。
Pat050611153035a
これは2005年6月11日の記録
Pat071110192259a
実に2年半ぶり

でも、最近、ゴブリンダイスに関するちょっとしたヒミツを小耳に挟んだことと、このENMで出るようになったオートマトン用の高級アタッチメントのラインナップがとても魅力的だったのとで、からくりがLv60になったら絶対に通おう!と心に決めていたのでした。

ちなみに戦利品アタッチメントの数々。
アチューナー/イコライザー/イレーザー/スモークスクリーン/ターゲットマーカー/T.プロセッサー/ドラムマガジン/マナチャネラー
絶対必要ってわけでもないけど、せっかくなら集めたいって感じ。ぜひとも欲しいイレイザーなんかは競売でも結構なお値段で売れます。

そして、ダイス勝負のヒミツとは……
光曜日に2716ギルを賭けると、ゴブリンが振るダイスの目の上限が26までに制限される。
というもの。2,716ギル賭けた時、PCが勝てるのは2~13を出した場合なので、確率的には掛け金上限1万ギルを賭けた時と同じ1/2なんですが、2,716ギルと10,000ギルでは負けがこんだ時の心理的ダメージが圧倒的に違います。(笑)
昔、白パトは5万ギルくらい払って経験値2000を“買った”ことがあるなぁ。。。(遠い目)

さて、肝心のバトルはというとw
初挑戦11月10日は、とりあえず小手調べだー!ということで興奮状態で、ゴハンもクスリも何も用意していかなかっただけあって、あっさり敗北。マネキンが出したオートマトンが白兵だったのも、強かったです;;
ちなみに、からくりの場合、相手の出すマトンが白兵>初期装備>魔法=遠隔くらいの順で手強いらしいです。魔法タイプと遠隔タイプは、ある程度距離をおけば直接攻撃はしてこないので、その分ちょっとラクなんでしょうね。もっともマトンの精霊も遠隔攻撃も、なかなか侮れませんが。

2回戦11月17日は、遠隔タイプ。情報どおりに距離をおいてしまえば、遠隔攻撃は間隔も長いし、それほどの脅威ではないようです。
でも、最後の最後、モブリンのマリオネットダイスでどんでん返し;;
Pat071117194818a
20071117201338
ハイポは惜しまないようにしようと思いましたまる

そして3回戦11月24日。この日も遠隔タイプ。
今回はアサルト戦績装備(鬼神の外套、怪腕のベルト、剣侠の首鎖)をはじめLv60までで最高と思われる装備を数点新調することができたので、パト本体は若干パワーアップできたはず!!
ていうか、これで勝てないようだったらなにか根本的に考え直さないといけないだろうという意気込みでの挑戦でしたが、あっさり勝利~☆
Pat071124055258a
この日の戦利品はカプたん未装備のイコライザーでした。「ダメージが大きいほど、軽減率が増加する装甲」です。格上バトル向きですね。やったーヽ(´∀`)ノ

4回戦、12月2日は相手マトンが白兵タイプだったので、結構持ちこたえはしたものの敗北。遠隔・魔法タイプ以外の場合は先にマトンをやっつけて、少しでもダメ軽減したほうがいいと先輩諸氏の記録にありましたが、再呼び出しが案外早くて、息切れになりました。
なんでPCの呼び出しリキャは20分なのに、NPCの再呼び出しはほんの数分なんだ~!!
ゆるせん!ヽ(`Д´)ノ

そして直近、12月8日。敵は遠隔タイプ。
楽勝なおかつ念願の
20071208144150

イレーザーげっつ!!(σ´∀`)σ

イレーザーは、マニューバ消滅と引き換えに状態異常を1つ消す効果の、「イレース」的アタッチメントです。これでバイオやディアにされても安心☆
まだまだ勝率が五分五分ってところですが、いずれはもっと研究・研鑽を積んで、白兵タイプ相手でも勝てるようになりたいなぁ。

Pat071124055339a
なにのォでるなばァ~? なにのォでるなばァ~?♪

|

« 「現代水晶大戦」総括(遅) | トップページ | コパト、近東へいく »

[20]バトル記録」カテゴリの記事

[40]からくり士」カテゴリの記事

[03]クエスト」カテゴリの記事

コメント

>・カンパニエバトルの審査に関して、一部ペットの行動が反映されるようになりました。

(☆∀☆)キラーン!
やっと修正されたのか~w
今まで頑張ってペットぶつけてるのに経験値が少ないな~とションボリしてましたが……。
やっと獣の時代がきたか~!!!ぬ

マトンのアイテムげっとおめーノシ
おいらも昔、白で挑んで五万以上払って負けたことあるよ(´・ω・`)

投稿: るな | 2007年12月14日 (金) 13:08

★るなさん
正直、マスターより頼りになるペットの行動が正当に評価されないなんて、お話になりませんよね!
アライドタグ発行後マトンが消えちゃって、20分間1人淋しく叩いてる間にカンパニエ終わっちゃったwとかいう状況も、これで改善されるかと思うとうれしい~。
ビシージでもマトン出したままだと始まった時に消えちゃうんだけど、あっちはとりあえずテンポラリアイテムで「技能の薬」もらえるからなぁ。でもビシージだとマトンの破損率すごい高いから(狙われやすいらしい)せめて開幕分のリキャだけでも節約させて欲しいのよね。。。

投稿: ぱと | 2007年12月14日 (金) 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「現代水晶大戦」総括(遅) | トップページ | コパト、近東へいく »