« 天蛇将の遊撃隊 | トップページ | 年頭のごあいさつ »

2007年1月 5日 (金)

オトシダマをねらえ!

そろそろ姪っ子たちもお互いのお年玉の内容が理解できるお年頃になってきました。姉と妹で金額に差をつけるべきか否か。頭の痛い問題です。

……時節はずれネタでもキニシナイ。
まだ小正月だし。(´_ゝ`)
メンテでアップできなかったし。

さて、ヴァナのお正月の風物詩としても、瑞獣行列とオトシダマがすっかり恒例になりましたね。皆さんは楽しまれましたか?
パトは申年のオポオポ行列以来、酉年=トリ、戌年=フェンリルと、結構毎年地味に楽しみにしてきましたので、亥年の今年はどうするのかなーと思っていたら、なんとブガードの登場!
Pat070103002850a
なるほど、そうきたか~って、爬虫類ジャン!!
まあ、牙といい体型といい、イノシシに見えなくもないですが、完全に意表を突かれましたね~。
来年の子年はキキルン行列ではないかと早くも今から予想されていますが、そもそも彼らはネズミなのでしょうか??わたしにはカンガルーにしか見えませんが……。
ブガード行列は、大きさや迫力の点からいっても、なかなか堂々としていい感じでした。遠くからも見つけやすいし。
辰年には真龍行列で先頭バハムートとか現れたらおめでたくっていいだろうな~。狭い通路で出会うとかなり邪魔そうだけど。

この瑞獣行列、先頭の親分にお賽銭かお供えをあげると、吉兆占いと同時に1分くらいで切れるプロテス・シェル・エンサンダー・ショックスパイクをかけてもらえることがありますが、ごく稀に【オトシダマ】がもらえます。
これは使うと3時間くらい持続する釣りスキルのスーパーサポート効果が得られるアイテムなのですが、今年は特設NPCの子供にあげると【胡鬼板】いわゆる「羽子板」が、さらに一歩進めるとひんがし風の「掛け軸」がもらえるというので、俄然張り切りましたよ☆
Pat070103003759a
はるちゃんに見せびらかされるの図

はじめは、どうせパトの部屋では置き場に困ると思って、ジュリアでもらおうと頑張ったのですが……
Jul070105052104a
なんと、掛け軸は飛空挺に乗れないともらえないという落とし穴つき。
カザムパスならあるんだけどなー(ノ∀`)
Jul070106053232s
胡鬼板近影

でも、パトの運勢は「ちょっとした運勢」なせいか、なかなか当たりが引けません;;
想像ですが、運勢は名前の画数占いっぽく決まってて、ランダムではないみたいですね。いい運勢の人ほどオトシダマが当たりやすい説が正しいとすると、これはちょっと悔しいです。まあ、オトシダマは所詮確率なので、運が低くても当たるときはすぐ当たるものですが。
Pat070106195131a
マップが単純で障害物のない東アルテパで挑戦

ブログめぐりで読んだおもしろい説では、「お寿司をあげたら一発だった」というのが気になりました。高価アイテムのトレードで当たりを引きやすい説が優勢っぽいですが、試す前にお正月イベントは終わってしまったので、また来年試してみることにしましょう。
ということで、パトはにんにくせんべい(単価4ギル)99枚×約3セットを費やしてオトシダマげっつ☆

そして、もらった胡鬼板を装備して、飛空挺でジュノ=ウィンダス間を往復しているおじいさんに黒インクと靱皮紙を渡すと、水墨画の掛け軸がもらえました。
タイトルは「古塔」。
Pat070108084059a
さっそくモグハウスに飾ってみたところ、サルタバルタの魔法塔を描いた作品でした。
ウワサによると調度品効果でモーグリの応援「金運アップ」が発生するらしいけれど……当然パトの湿っぽいお部屋では焼け石に水、いや水に焼け石か(謎)。でも金運アップってなんだろ。拾えるギルが増えるとか?

ちなみに、懲りずにもうひとつオトシダマをゲットして、「性格占い」もしてもらいました。
パトの背後にはオーディンのような影が見えるらしいです。
「彼に似て、周囲を巻き込む強い覇気があるから、やがては周囲を征する覇者となり、世に調和をもたらす人になるかもしれないって。
 でも、一方でPatriceさんは崇高な信念を内に抱き、正義と忠節を重んじる人でもある……だから、本当はナイトに向いてるんだよね!
 それと、繊細な心を隠すため、なんでも秘密にしがちみたいだけど、もっと仲間を信じてみることじゃ……だってさ。」

タルナイトを目指してみるかのぉ?(´_ゝ`)

★胡鬼(こぎ)=えびす(異邦)の神。胡の国の鬼、古代中国における北方異民族の呼称。
羽根突きの羽根(羽子)のことを古くは「胡鬼の子」といいました。胡鬼の子とは、秋に大量発生するトンボのことで、収穫期に万里の長城を越えて襲ってくる異民族と一緒にやってくることから「胡鬼の子虫」と呼ばれるようになったとか。羽根突きの羽根はトンボの姿を模したものだったのですね。
しかしトンボは疫病の元である蚊を食べることから、初春に羽根突きをすると夏になって蚊に刺されないという俗信が生まれ、蚊除けのまじないから転じて厄払いの意味をもつようになったそうです。

|

« 天蛇将の遊撃隊 | トップページ | 年頭のごあいさつ »

[05]季節イベント2007」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。