カテゴリー「[17]アビセア」の20件の記事

2011年3月10日 (木)

ぴんくまんどらたん2

大人数あるいは手練れの少数精鋭によるPTバトルがほぼ必須なアビセア・メインクエストとは別に、ソロレベルからクリアできる各エリアごとのローカルクエストを、部活以外の個人行動時にちまちまと進めています。
動機の大部分は、発生条件の難度が高い終盤のクエスト報酬である、すてきなエンシェントジェイドを手に入れることですが、アビセア世界の全部のエピソードを見届けたいという純粋な気持ちが強いのももちろんのことです。冒険者ですもの。

Ab11203_110129
神様と戦う理由は「すてき装備が欲しいから」かもだけどね

現在、パトのアビセア・クエスト進捗状況は、ラテーヌ、コンシュタット、ブンカール、アットワの4ヵ所がコンプリート。
どのエリアもだいたい1つか2つはモンスタードロップ品を集めたり、強いモンスと戦ったりする必要のあるクエストが混ざっているので、コンプリートは決してラクではないのですが、それでもLv90になった今なら、わざわざおともだちの手を借りなくても、あいた時間に1人でできることが増えて、取り組みやすくなったと思います。

Pat110220043317a
こいつのアイテムを10個もなんて友だちを誘う気にもなれない
Pat110220043656a
Lv75時代はクトゥルブをソロで倒そうなんて考えたこともなかった

さて、アビセア-タロンギには、アイテム収集系の面倒くさい繰り返しクエをいくつかこなしたあと、名声が「聞いた覚えがある」(2段階目)まで上がると受けられるようになる、とってもウキウキなクエストがあります。
それは、「新種確保!?」。
鼻の院の生き残りの研究員オービルドービル君とケナパケッパ君を手伝って、“見たことのないマンドラゴラ”を生け捕りにするのです☆
“生け捕り”というからには殺しちゃいけないわけで、愛護協会から苦情がくる心配もなし。^w^ 

どんなコが現れるのかな~と思っていたら……

Pat110221051305a

ぴんくのまんどらたんだーーーっ!!

Pat110221051332a
オロール帽子と脚を倉庫へ送ってしまった後だったのが残念

アビセア-タロンギでピンク色のマンドラゴラといえばNMのクロリスたんですが、クロリスたんは会うための準備もたいへんなうえに凶暴で死の宣告技まで使ってくる恐ろしい相手なので、なかなかめったなことでは会うこともできません。
でも、このコとなら気軽に遊べるぅぅ!!(≧▽≦)
……といっても、一応襲いかかってきてるわけなので、回避装備とアートマの準備はしっかりと☆
思う存分かわゆさを堪能したあとは、ケナパケッパ君の待つ場所までテケテケと誘導。デジョンで捕まえたらクリアです。

Pat110221051517a
そういえば牛追い祭りの牛もデジョンで捕まえてたっけ

このクエストの報酬はオーグメントが1~2個付くダンスシューズ(Lv72~の既存品/防13 VIT-2 CHR+3 回避+6 モ白黒赤シ獣吟狩忍召青か踊学)で、大当たりだと命中+5くらいとケアル回復量+4%くらいになるそうなんですが……まあ、パトはHP+1くらいしか付いたの見たことないけど。

Pat110221055715a

rubicundは「赤みを帯びた、血色のよい、紅潮した」とかいう意味なので、「赤ら顔のアデニウム」ってとこでしょうか。そのまんまだなー。
このコが育ってクロリスみたいに巨大になるのかな……。

| | コメント (0)

2011年3月 7日 (月)

もうひとつの結末

110208_193556
         
こんなとこにも登場してますが、2004年9月の『プロマシアの呪縛』開幕から6年半、2006年2月実装の“最終回”クエスト「世界に在りて君は何を想うのか?」からは約5年の歳月を経て、なんだかプリッシュが元気です☆
プロモーション映像や画像を見たけど、綺麗なCGに描き直されててオリジナルとはまた違った魅力がたっぷりですね。パトはアクションゲームはやらないけど、最近はPVだけでも十分におなか一杯楽しめる高品質で、満足であります。
FFXI世界を代表する武闘派ヒロインとして、シャントット博士ともども異世界で大暴れする姿を思い浮かべると、自然と頬がゆるんじゃいます。

「ディシディア デュオデシム」公式サイト
FF11公式Twitterの画像


とかなんとか下書きを始めてから1ヵ月が経っちゃった!
『アビセアの覇者』予告PVでもあらかじめ明かされていたとおり、アビセアの物語の最終章で、ついにパトもプリッシュに会えました。
パトの当初の予想は大ハズレで、ギルガメッシュおじさま言うところの“嬢ちゃん”は別の方でしたが!(/ω\)

110129
まあ“姉ちゃん”よりは“嬢ちゃん”でしょう

アビセアの物語――メインクエストは、『禁断の地アビセア』『アビセアの死闘』『アビセアの覇者』3シリーズ9エリアで、それぞれのボス級のNMを討伐し、さらに6体の鍵となるNMを制覇することで、ラスボスとの最終決戦への道が開け、“世界の真実”にたどり着くことになります。
パトたち冒険者が暮らす世界とそっくりな、もうひとつのヴァナ・ディール、アビセアが、ある日を境に突然、滅びに瀕した絶望の地へと変貌してしまった原因とは!?

思いっきりプレイヤー視点で結論を言ってしまうと、「アビセアの物語は、オリジナルのヴァナ・ディールの物語(特に『プロマシアの呪縛』)のマルチエンディング・シナリオだった」ってことなんですね。
リアルパトは昔から、マルチエンディング仕立てや分岐が多いタイプのRPGは大好きなので、過去世界が登場した『アルタナの神兵』なんかもグッときまくりだったんですが、今回の仕掛けもツボでした。
ただ、設定がなにしろ“バッドエンディング”からのスタートだったので、完全にメデタシメデタシでは終わらないってところが切なかったですけれど……。

110219_181033
「なにか言う?」もなにも選択肢は1つしか

以下、ネタバレ前提でつらつらと。
というか、『アビセア』の物語は、むしろ『プロマシアの呪縛』を最後までクリアして世界のネタバレを把握してないと、根本的にチンプンカンプンなんじゃなかろうかと思うので、堂々といきますヨ!
もっとも、『プロマシア』の結末を何も知らないまま『アビセア』の結末を知って、「えっ、それってどういうコト?!」と、こちら側(ヴァナ・ディール)の“世界の真実”に近づくのも、またひとつの楽しみ方でありましょう。

   *

アビセア世界は、ヴァナ・ディールのパラレルワールドなので、ヴァナ世界のあちこちで出会ってきたおなじみの人々がそっくりそのまま生きて、苦境に立ち向かっているわけなのですが、その中には誰ひとりとしてパトのことを知っている人はいませんでした。
でも、あちらの世界にも、パトに相当する“冒険者”はいたのです。(きっと、アビセアの冒険者パトは、三国ミッションもクエストも全然やってなくて、世界中の人々には名前も顔も売れていない、“知られざる英雄”だったのでしょう。)
そのアビセアのパトは、ヴァナ・ディールでパトが体験したのと同じ冒険の旅路をたどり、“世界の終わりに来る者”――男神プロマシアの「器」と闘いました。アビセアのプリッシュや、旅の仲間たちとともに。
けれど、力及ばず勝てなかった。
つまり、プロマシアとの決戦に負けてしまった結果が、アビセアの世界崩壊の原因だったのです。

Ab13104_110219

身も蓋もない言い方をすれば、パトたちヴァナ・ディールの冒険者は、「異世界の自分の失敗の尻拭いをするために、時空を超えて導かれてきた」っていうところでしょうか……。
そういえば、パトたちも、かつてはプロマシアとの闘いで敗れたこと“も”ありました。

Pat050724024353a

これは2005年7月24日の前哨戦(下見☆)の様子。パトは初々しい白魔70でプリッシュの戦いぶりを応援しました。下見だから、ほかのメンバーはLv1とか、不真面目にもほどがあるジョブ編成だったりしました。

Pat050730232901a

本番7月30日は、ナ黒黒黒赤白(樽樽樽樽人樽)とナ狩黒黒赤白(人人樽人人樽)の2チームに両方白魔でエントリー。
死者を出しつつも一発クリアだった第1陣と、3回目の挑戦でようやく勝てた第2陣――いずれも熱い死闘でした。

Pat050731012744a

男神教の怪しいタルタルに生贄奉納の舞を踊られたり……

Pat060806162810a

こちらはプロマシア最終バトルの『暁』ではなく、「世界クエ」に5人で挑んだ2006年8月6日の思ひ出。

ヴァナ・ディールでは、こんなふうにいくつもの死線をさまよいながらも勝ち残り、世界の平和を守り抜いてきたわたしたちでしたが、男神に負けたあと、その先の未来がどうなるかなんて、考えたこともなかった……。

男神(の器)との戦いの場、“天象の鎖”は、具体的にはどこにあるのか定かではありませんが、そこへの入り口、高次元の異空間に浮かぶ神都アル・タユはヴァナ・ディールの上空にあり、決戦のそのとき、まさに地上に落ちつつありました。
そして、決戦に負けた後のアビセアのアル・タユは――おそらくあちらの“冒険者”たちの最後の抵抗だったのでしょう――かろうじて地上には落ちず、月面に落ち、それでも今なお月ごと地上へ落ちようとしている……。それが、ヴァナの冒険者たちが訪れたときのアビセア世界の現状だったのでした。

Pat110205021940a
眼下には月に落ちたアル・タユが……
Pat110205022202a
上空に見えるのは、砕け散った母なるクリスタルと、アビセア

結局、アビセアのためにパトたちができたのは、男神の化身である“神竜”を倒すことで、地上へ落ちようとする月をくいとめた、ということだけだったのでしょうか。
死んでしまった命が蘇るような甘い奇跡は起こらず、プリッシュはひとり、月に取り残されたまま――ある意味それもずいぶん不自然な話かとも思いますが、もともとアビセアのプリッシュは男神との決戦に勝てなかった時点で、人の証である“心の闇”を取り戻すこともなく、人の形をした人ではない存在のままでいるせいか、あんまり堪えてもいない様子――孤独に苦痛を感じなければそれでいいのかっていうと、そういう問題でもないような……とにかく、うーん、もうっ!!っていう理不尽なキモチの残る結末となったのでした。

Ab13307_110219

だってやっぱり空気とか食べ物とか気になるじゃん。
プリッシュ食いしんぼうなのに……(by ヒロインズ・コンバット)

Pat110219180729a

いっそ魂だけの存在になったとかいうならまだ納得できるけど、どうみても生身だし……。

Ab15_110219

とりあえず、ものすごく退屈そうなので、新印章BFはぜひ「プリッシュと行く月面アル・タユ廃墟ツアー」でよろしく!!
暴れ回る元気なプリッシュが見たいよ!

| | コメント (4)

2011年2月 4日 (金)

ふぁいなるへふぉん

これまで、アートマ取りやメインクエスト進行を軸に各エリアの主要NM討伐を行ってきたアビセア部のメイン活動も一段落を迎え、エンピリアン装束+2へのグレードアップに必要な五行素材収集へと移行しました。
ストーリー進行のための通過点的に倒してきたNM&HNMを集中的に繰り返し倒すことになったおかげで、手に入れるチャンスの少なかったステキアイテムも、ぐっと身近な存在に!(そして、やがてどんどん流れていく存在になるのかも(T∀T))
そんなアイテムの1つ、ヘフォンナックルをゲットしました☆

110203_03

アビセア-アットワのメインクエNMでもあるワモーラHNM・いつぱぱ(Itzpapalotl)さんが落とすこの格闘武器は、“潜在レリックWS武器”と呼ばれる装備の1つで、なんと13回WSを撃つと、次回にレリック専用WS(この場合は、スファライのファイナルヘヴン)が1回だけ撃てるようになっちゃうというオモシロアイテムなのです。
一応、ただオモシロアイテムなだけじゃなくて、D+も30と、かなり強力な実用レベルの武器でもあります。

見た目はこんなカンジ。

Pat110203012546a
タルタルだとよく見えないので拡大☆

既存武器ではダイアナックルだとか、スファライになる前段階のレリックナックルやデュナミスナックルだとかと同じグラフィックらしいです。さすがに「なんちゃって武器」では、本家レリックと同じグラとまではいかないようです。よかったね、スファライ。
そもそも、「ヘフォンナックル」って語感からして、なんだかいまいち気の抜けたような名前なんですが――“ヘフォン(heofon)”は空、天という意味の古英語とのこと(※FF11用語辞典より)――さて、その実力の程はいかに?

110203_02
13回WSを撃つと忽然とメニューに現れます。
Pat110203033033a
ファイナルヘヴーン!!
110203_05
弱い☆

まあ、ファイナルヘヴンは本家スファライでも、そんなに大ダメージが出るWSではないということですし、こんなもんかな。
ちなみに連環六合圏でのダメージはこんなカンジ。

110203_06
アビセア-ラテーヌ超ラク相手に平均で1900くらい
110203_07
今回の試し撃ち中で出た最高ダメージは2267

WS時のフル攻撃装備に着替えてないので、ちゃんとすればもう少し伸びそう。いずれにしても、せっかく鍛えたタイパン+2よりつよいかも。。。タイパンは目的別強化武器だから方向性違うし、単純に比較できませんが。

110203_01

ところで、この試し撃ちに行った日、なんとおさるのキーシャポッポがついにチルコネックレスをくれました!
ファイナルヘフォンもといへヴンの恩恵でしょうか。
(キーシャそのものにはヘヴン撃ってないけど)

110203_04

これ&少林帯&CCパンタローニ+1で、合計:隔-25。チルコネックレスと少林帯だけでもマーシャルアーツランクが1上がります。
ステータス値のことはよくわからないパトですが、ようするに「ちょっと速くなれるらしい」ということです。ステキヽ(´ー`)ノ
初夢モグボナンザは例によってパッとしない結果だったけど、これだけ欲しいものが続々手に入っていれば気にならないヨ! うん!!

| | コメント (0)

2011年1月28日 (金)

欲しいものは力ずくで

さて、今週は頭装備がさらにもう1個!

Cccapero

からくり士のエンピ頭チルコカペッロが+1になりました!!
ダブルアタックが+2%になりますヨ!
ヘイストがなんと+5%ですヨ!
マトンのTPもたまりやすくなってウハウハですヨ!

回避重視のソロプレイ用には薄頭ができたけど、PTプレイでタゲや被弾を気にしないでガンガン攻める時や、本気出さなくていいソロ時はコレがいいですね。それにあとWS時用は相変わらずダイア。
……さようなら、オロール。短い間だったけどありがとう。
でも胴はまだしばらくオロール。(´ー`)

アビセア-ブンカールでのエンピ足+1用型紙が4ジョブ分集まったので、次は頭をなんとかするべくアビセア-アットワを集中的に攻めることにしました。
例によって、もちろんクエストも並行してはいたのですが、もうあきらめました。か・赤・暗・狩の型紙がもらえる(こともある)「ヨランオランの秘策」は、DEXアップ系のオグメ指輪がもらえて結構夢もあるけど、20回くらいやって3枚しか型紙見たことなかったもん。

Pat110126021757a
スニ(物見)してるのに手を叩いたら芋虫に気づかれるのでは

ということで、腕力で手に入れにいきました☆
対象モンスは、からくり・召喚・黒魔(と詩人)を落とす、これまたパトのためにいるようなアントリオンNMです。
時間ポップなので待つ&探す手間がかかりますが、トリガーの出具合に悩まされることがないので気楽です。ピーク時をずらしていけば、だいたい狩り放題でした。

このアントンが沸くのはアットワ西側の北西方面の迷路の中。周囲にはたまにウロウロしている光るアメーバンくらいしかいないため、レーダーだけ見て探し回ればいいのでとってもラクなんですが、実はこのあたりの地下には青い雑魚アントンが潜伏していて聴覚感知で襲ってくるのです。
なので、NMを見つけたらなるべく動き回らず、その場で戦うのがベター。ペットで釣って引っ張ってもいいのだけれど、いくら頑丈になって応急処置もできるようになったとはいえNM戦前にマトンを衰弱させるようなマネは避けたいところ。
運が悪いとNMを叩いたその場で雑魚が出現することもありますが、回避系アートマを目一杯つけていたら全然平気でした。

Pat110124011619a

NMアントンはどうやら命中自体が低いらしく通常攻撃はほとんど空蝉も消費しないくらいなんですが、厄介なのが、全装備を解除させる脱がせ技「クエイクブラスト」。
これはセミも全部はがれる上に、必ず続けてもう1つTP技を使ってくるので注意が必要です。
コツとしては、通常のセミはなるべく壱で回して、クエイクブラストのときに弐を素早く詠唱できるようにしておくことかな。続けてくる技が高威力のマンディビュラバイトだと、かよわいタルは最悪一撃死もありえます。(つ∀-)
マンディビュラはだいたいセミを1~2枚持っていくので、あわせてマトンのフラッシュも入れられればなお安心。
あとは着替え(というか着付け)マクロを全身分用意しておくこと。全身が無理なら、最低でも武器とストリンガーを最優先に。光マニュ入れてセミ張りなおせさえすれば、あとはゆっくり手動で着替えても大丈夫だけど、すごくめんどくさいからマクロおすすめ。
最初の頃は、この挙動の特徴がよくわかっていなくて、クエイクブラストのあと全然マトンに命令できなくて大慌て。よく考えたら、からくり士の命、ストリンガーもはずれてたという。。。
TPも当然0になっちゃうので憎い技ですねー。

Pat110126024647a
ポップ待ちの間は雑魚アントンと遊んで

あいかわらず弱点突きナシですが、毎回順調に1~2枚ずつ型紙が出まして、なんとかチルコ完成。あと召喚が残り2枚、黒が1枚。
アビセア部がこれから五行素材集め活動中心に移行する予定なので、がんばって型紙集め終わらせないと、マジカバンやばいです;;

Pat110128051151a
見た目は別に変わりなし

| | コメント (3)

2011年1月26日 (水)

カッコよさだけでもいいけど

Pat110121032828a

できれば実も取りたいよね!

ってことで、しつこくガチャガチャしてみました。

Hankubi01

(´・ω・`)

Hankubi02

(´・ω・`)

Hankubi03

(´・ω・`)

Hankubi04

(;´д`)

Kote01

(´・ω・`)

Kote02

篭手は地味だし邪魔だからいらないかな……。

Tougi01

(;´д`)

Tougi02

(;;´д`)

Tougi03

この線で、もうちょっと数値上がるの期待するか。。。

まあ、やっぱりオシャレだけでもいいや☆

| | コメント (2)

2011年1月19日 (水)

アビセアがちゃがちゃ

「モッグったーん☆見てみて~!!」
「クプ……ご主人さま、もう花粉症対策クポ?」

Pat110115025610a

「えぇ~ちがうよー! 新型インフル対策だよ! ってなにいわせるの。イカしてるでしょぉ?」
「むしろイカレて…クププ…あやしいクポ……」

Pat110115025642a

「ふっふっふ……ほれほれ、おれのなをいってみろ」
「ご主人さま、『北斗の拳』なんて漫画もアニメも見たことないクポ?」
「見たことなくても誰でも知ってるのがすごいよね」
「それは、錬成のスタート時に登場した“エボン”系装備クポね」
「うん。このトゲトゲは錬成で鍛える上位品の“漆黒闘着”シリーズのデザインで、EXアイテムだから競売で買うこともできなかったんだけど、なんと『アビセアの覇者』エリアのNM討伐証と交換できる“黒月闘着”シリーズとして手に入るようになったんだよ」
「性能がランダムで付加されるオーグメント品なのクポね……HP+4だけとは、ずいぶんお粗末クポ」
「なかなかいいオグメは付かないよね;;」

Pat110115030030a

「こっちは白召用のファシオブリオー(胴)とファシオカウビーン(頭)。ブリオーは、なんとケアル回復量が最高+14%とか、リフレシュ+1とか付く可能性もあるらしいよ~」
「アリストチュニックも超えちゃうわけクポね」
「色が白だったらよかったんだけどなー」
「黒も渋くてかっこいいクポ」

Pat110115030402a

「そしてこれが、黒学用のリテレーハット。パト、このデザインの帽子欲しかったんだー!」
「タルタルにはバッチリお似合いクポ~♪……って、ちょっと待つクポ。ご主人さま、いったいいくつのアイテムを交換してきたのクポ?」
「えーと、とりあえず6個☆ おっと、モグたんの言いたいことはわかってるよ。ボナンザマーブル10個に、4ジョブ分のエンピリアン型紙と素材が約20種類、それに増え続けるジョブ専用アクセサリやアビセアのエクレア戦利品なんかで、すでにモグサックすら満杯になりつつあって、一番苦労してるのはパトだもん……これだって、本当ならそれぞれ5部位ずつ全部そろえたいところだけど、そんなことしたら一気に15個もアイテムが増えるだけだし、いいオグメがつくまで持ち続けてなんかいられないから、迷いに迷って厳選したんだよう」
「……わかっているなら結構クポ。それにしても80の容量が増えて、外部へ預けられる品数も増えたのに、一向に荷物が片付かないというのはどういうことクポ」
「増えたら増えた分、ますますカオスになってるような気が」
「ゴウツバクリの呪いクポ……おそろしいクポ……」

Pat110115031108a
黒用帽子に白召用上着、赤AF3脚+1(笑)

というわけで、話題のアビセアガチャガチャをやってきました☆
いいオグメが付くまでは、ただのオシャレ装備ですが、特に黒月装備のこのアヤシサにはもうメロメロです。
黒月闘着は素の性能が防60 STR+4 命中+4、黒月半首(頭)は防34 STR+3 命中+3と控えめなので、果たしてオグメがついたところで既存装備より優れたモノになるかどうかは疑問なんですが、防御だけは極めて高いので、ちょっとしたおでかけくらいなら十分そう。

Pat110115030715a
これまでのからくり士になかった方向性(1年前からあったけど)
Pat110115041501a
花粉もウイルスもどんとこい(違)

| | コメント (4)

2011年1月18日 (火)

うさうさ三昧

うさぎ年でございまして。

Pat110108020258a

今年の新春恒例・瑞獣行列は「幸運の兎」ってことで、そのものズバリ、ウサギ族の登場でした。
さすがに普通サイズのウサギでは目立たないし、めでたさも中くらいなりってことでか、先頭のウサギは超巨大。なんでも、幸運のアイテム「野兎の尻尾」のご利益アップを期待して、鼻の院の研究者が品種改良を重ねて生み出した新種、というお話だそうです。
巨大な四つ葉を頭に付けたまんどらたんも登場しないかな。

Pat110107043049a
このとおりのでっかさ

そして、この巨大うさたんは、お供物を捧げると、ごらんのとおりの巨大ウサギに変身できる「玉兎の帯」をくれたのでした。
なかなかのインパクト。(´∀`)

Pat110108020321a
後姿も☆
Pat110108020040a
三色そろって☆

この黒ウサギは、ミンダルシア大陸に棲むララブ種で、背中に白いすじ模様があるのが特徴だけど、それより特徴的なのはやっぱり目でしょうねー。アップで見ると、かなり怖いですよー。
ウサギ族についての薀蓄話は、なつかしのヴァナ・ディール トリビューン『動物のお姉さんアテルーネ』でどうぞ☆

Vana'diel Tribune II No.1 ~ウサギ族の話~


さて、年が明けてからしばらく、パトはすっかりウサギ狩りづいてました。干支のおめでたい動物をいきなりこんなに狩りまくっていいのかどうかは謎ですが、むしろご利益があったようで、いろいろいいものをいただきました。
きっかけは、からくり士がLv90になって、アートマもいろいろ種類豊富に集まって3つもつけられるようになったことだし、便利なテンポラリ薬もたくさん使えるし、アビセアの“禁断”エリアくらいのモンスたちなら、だいぶラクに戦えるようになったので、ひょっとして野良NMくらいソロでいけちゃうんじゃないか……と思ったこと。
もちろん、世の中のスゴイからくり士の皆さんたちならLv80時代からソロ撃破の情報はいろいろありましたけれど、パトはそんなテクもガッツも持ち合わせていませんし。。。

まず狙ってみたのは、アビセア-ラテーヌのマーヴィンたん。
白魔用のすてきなオリゾンケープ(防8 MP+10 ケアル回復量アップ+3% 敵対心-4 )を落とすほか、経験値ロスト軽減効果の「癒しの赤色ジェイド」も持ってるので、これはぜひとも手に入れたい!

Pat110109071227a

実は一戦目、NMトリガー取りとクエストマラソンの途中で気軽なキモチで挑んだので、サポ学に灰塵・紫苑・戦慄のアートマでは敵の手数の多さに対応しきれず、高威力の爪旋風脚をくらってあっさり負けてしまいました。
でも、結構削れるし、素でもそこそこは避けていたので、回避を上げればなんとかなるんじゃないか……?
と、サポ忍に灰塵・隠密・深淵アートマで回避アップを図って再挑戦してみたところ、

Pat110109064325a

雑魚リンクのおまけつきでも難なく勝ててしまいました!
アートマパワーしゅごい!!!
特に弱点は狙わなかった(狙えなかった)けれど、1匹目で癒しのジェイド、3匹目でオリゾンケープをドロップ! ケープのドロップは、これ以前におともだちと何度か倒してきたときにも一度も見たことがなかったので、こいつは春から縁起がいいや☆

   *

すっかり味をしめて、続いてはアビセア-ブンカールのNMウサギに挑戦。このコは、エンピ足の型紙、黒・召・か・吟を落とすので、まさにパトのためにいるようなNM。おともだちとアビセアで遊ぶときには、なかなかブンカへ行く機会に恵まれず、さりとてそちらはそちらで欲しいものもあるし……なので、1人でどんどん狩れるなら、それに越したことはありません。

Pat110112045908a

実際に狩ってみると、さすがに“死闘”エリアのこちらのほうが若干つよくてHPも多いですが、周りの雑魚ウサギがまったくリンクしないので、非常に気楽です。
魔法弱点を狙うつもりなら、範囲魔法もあるから少しわきの小道へ連れて行かないとダメだけど、からくり士じゃ狙えないし、もうその場でポコポコ。でも、弱点突かなくても、運よく毎回1~2枚ずつドロップしました。ヽ(´ー`)ノ

実は、アビセア-ブンカールでは、型紙を求めてずっとクエストを繰り返してきたのですが、そのあまりのゲット率の低さにくじけかけていたところだったのです。
しかも、パトのほしい、か・召・白・黒は、よりにもよって全部別々のクエストだし。
--------------------------------------------------
◆『最前線に待ったなし』……戦・召・踊・学
◆『盗聴パール最前線』……白・シ・獣・侍
◆『水質汚染調査II』……黒・忍・竜・コ
◆『ブンカールに蒔かれた貝殻』……赤・暗・狩・か
--------------------------------------------------
このうち、召喚のコーラー足は、荷物運びのクエストで比較的順調に、一番はじめにそろいました。
そして白魔も、ずいぶん時間は費やしましたが、“盗聴パール”のクエストマラソンと、あと固定活動のときにゲットした数枚とあわせて8枚クリア。
黒魔は“水質調査”で、最初のうちは割と順調に5枚まで集まったのですが、そのあとさっぱり出ず。
最悪なのが『ブンカールに蒔かれた貝殻』で、これはまず型紙からして出ない! このクエストは、どうやらオーグメントつきのダークネスピアス/ブラックピアスがもらえるのがメインで、型紙はそのオマケみたいな位置づけっぽいのですが、それは明らかに逆だろう!!ヽ(`Д´)ノ
このクエストだけの話ではないけれど、とにかくクエスト報酬の型紙は「なにも出ない」が続くのが、一番こたえますね。4分の1の確率というだけでも低いのに、なにもなしが10回以上も続くとか……いやがらせとしか思えないッ。(⊃Д⊂)

さらに、ただでもつらい繰り返しマラソンに追い討ちをかけるように仕掛けられた罠の数々。

Pat101210035104a
画面右上の“アレ”

……もうね、鉄巨人とか北西のほうの何もモンスがいない&マラソンコースになっていないエリアに配置換えでいいと思うの。いざ戦いたいときだって戦いやすいし。

Pat101212172142a

12月VUで通常ポップのNMたちの再出現間隔が短くなった影響で、マラソンコース上に見破りNMがわんさといて、やりにくいことこの上なし。

Pat101212031604a

さすがに今では回避もばっちりですが、VU直後はずいぶんたくさん悔しい思いをしました。ゲームに罠はつきものだけど、これはちょっとあんまりです。

Pat101218173859a
これはアットワの巨人だけど

まあ、そんなこんなでクエストにはうんざりしていたので、ソロで型紙NMができるというのはとても心躍ることだったのでありました。希望のドロップが低いことはさておいて。
結局からくり足については、クエストで2枚、ウサギで4枚、あとヴァンピールで2枚で計8枚をクリアしました。
ヴァンピは以前、おともだちとやったときに1枚ドロップしたのと、あと、なんとソロでもやっつけることができて、そのときピンポイントに1枚ドロップしたのでした。いいひとだ!

Pat110112051032a
こんなにアップで見たのはじめて

ここのヴァンピはスタンつき&蝉消しの範囲技(ウィング・オブ・ゲヘナ)とエアロガⅣがクリティカルヒットすると脅威ですが、それ以外は死の宣告も魅了も使ってこないので、よそのヴァンピールより格段に戦いやすい相手です。
でもMP持ちで静寂無効な特性上、回復役の白魔カプたんが“サイレス病”にはまってしまうことが多くて、マニューバ回しが忙しいのが難点。少しでもタイミングがずれると、大事なところでケアルがもらえなくてピンチに陥ることも多いので、テンポラリ薬がたくさんあるときでないとパトは勝てそうにないかも。
いまのとこ2勝2敗。ウサギに比べると使用技の運に左右される要素がつよいです。

Pat110112052118a
でも、もうブンカールには用はないんだ(笑)

とりあえず、ブンカールで欲しい型紙集めはこれにて終了。
ようやく、からくり・召喚・白魔の足が+1になりました。黒は型紙がなんと15枚(笑)も集まったけど、肝心のエンピ足が未入手。(ノ∀`)
現在、手元にある型紙は、
か(頭)4
召(頭)2
白(頭)1
黒(頭)1
召(脚)3
白(脚)2
白(手)1
黒(胴)1
うーん、頭作ってしまいたいなあ。アットワのアントリオンが、これまた、か・召・黒と落とすので通い詰めたいところなんだけど、あのアントン、怖いところに沸くのがイヤなのよね~。
固定活動や、おともだちとのPTでポツポツ手に入る型紙や、さらに上位の五行素材も、せっかくだから取っておいてあるけれど、バラバラに少しずつゲットしてもカバンが圧迫されるばかりなので良し悪しなんですよね。できれば1ヵ所ずつ集中して攻めて行きたいところ。
もう、預り帳で型紙とかも預ってほしいわー(/ω\)

| | コメント (0)

2010年12月24日 (金)

エンピエンピ!!

『アビセアの覇者』スタートから2週間、巷にもエンピリアン装束の胴装備を身につけた冒険者さんが増えてきました。(両手装備もだろうけど、一目でわからないからスルー)
ちょううらやましいぃぃぃ!!!

Pat101211140914a
雪山であったかそうな召喚士AF3

エンピリアン装束〔胴〕は、“覇者”エリアで得られる「ドミニオン札」なるものを1,500枚集めて、係の人に交換してもらうことで手に入ります。
ドミニオン札は、覇者エリア専用戦績といえるポイントで、FoVのような仕組みのモンスター討伐任務「ドミニオンオプス」の報酬としてもらえるほか、特に任務を受けていなくても、各種のNMを退治すれば獲得できます。
パトはスタート以来、まだ4回しか新エリアへ足を踏み入れていないのですが、そのほとんどの目的がNM退治だったために、それと意識しないうちに4,000枚くらいの札が貯まっていました。ラッキー☆

Pat101211144445a
ウルガランのメインクエストNMの巨大ダイアマイト

というわけで、まだ全然着られるレベルになってないけど、憧れのエンピリアン胴をもらってきましたヨ!!
もちろん、なにをおいてもまずはコレ。からくり士用のチルコファルセット。

Pat101220042457a

ちょうかっこいいぃぃぃ!!!!!

Pat101220042712a

デザイン発表のときは期待の路線じゃなくてがっかりもしたし、実際に見ても、これはどちらかといえばシーフ的なジョブの装いだと思う気持ちに変わりはないけれど、だれでも抵抗なく身に付けられるかっこよさであることは確かです。

Pat101220042642a

バックスタイルもすてきです。
小さなタンバリンやジャグリングクラブなど、大道芸用の小物も凝ってます。そういうジョブエモーションも追加して欲しいぃぃぃ!!!

Pat101220042949a

タルタルももちろんばっちりのかわゆさ。

Pat101220042948a

右の腰には投げナイフのようなものが。
格闘武器を装備したら重なっちゃうのが少し残念かな。

Pat101220042955a

バックスタイルもバッチリ☆

そして、目下一番Lv90に近いジョブ、召喚士用もゲット!

Pat101220043347a

夏場になったり、熱帯地方のエリアに行ったら暑苦しく感じそうなコーラーダブレット。

Pat101220043335a

両脚装備のスパッツを脱ぐとこんなカンジ。せっかく靴のデザインも凝ってるのに、ちょっともったいないですね。

Pat101220043504b

……まあ、タルタルではほとんど見えないけど。

Pat101220043502a

背中周りのポシェットまで、デザインが凝ってます。





とか下書きを用意しておいて、1日休日をはさんだら、からくり士がLv86→Lv89になりました!!
アビセアはいろんな意味で壊れた世界だと思います。

そして12月22日のレベル上げ兼AF3取り乱獲PTでは、ついに念願のチルコ足もゲットしましたヨーーー!!!(≧▽≦)
鍛え用の型紙は、まだ全然集まってないけど、とりあえず全身そろえて着ることができました。

Pat101223033438a
喜びの舞
Pat101223033644a
試練の行く末を思うとオーバーヒート

型紙集めの労苦については、またあらためて。
今夜はリアル聖夜。しばらくはムフフな夢だけ見ていましょう。
メリースターライト!

| | コメント (0)

2010年12月 2日 (木)

アビセア手に入れたものリスト

事前VUもさっくりと終わり、シリーズ第3弾『アビセアの覇者』スタートもいよいよ目前!
『禁断の地アビセア』『アビセアの死闘』とどっぷり浸って、遊び足りない毎日を送っていますが、ところで、これまでにパトはいったいどれだけのモノをゲットできたのか……?

以前まとめた「アビセアほしいものリスト」で、特になんとしてでも欲しいものとして挙げたものは、次の7つだったのですが……
◆ゴエティアチェーン
◆ペダントケープ
◆コグニションベルト
◆オリゾンケープ
◆テイレシアスケープ
◆チルコネックレス
◆セントリーベルト

なんと、このうち実際に手に入れることができたのは、「セントリーベルト」1つだけ。しかも競売で買ったwwwww
ウーンウーン……ペダントケープとか、いまではアビセア-ミザレオで出るゴエティアマントのほうがさらに素敵だから、もう魅力が薄れた品物もありますが……ジョブ専用装備はやっぱり欲しいじょー!

あと、上記7つ以外のところでは、
◆アフリクター
◆カヴァロスマント

の2つを手に入れました。
それから、リストをまとめた時点では既出情報が少なくて抜けてたものに、次のものがありまして……
--------------------------------------------------
【アビセア-ラテーヌ】
■アウグルジャズラン ● Ovni(ヨヴラNM)
防50 INT+13 MND+13 CHR+13
召喚魔法スキル+10 光属性魔法命中率+10 敵対心-5
Lv79~ 白黒赤吟召学
■少林帯  ● Ovni(ヨヴラNM)
防3 攻+8 マーシャルアーツ効果アップ
オートマトン:ヘイスト+3%
Lv79~ 戦モ獣忍か
--------------------------------------------------
【アビセア-コンシュ】
■アウグルゲートル  ● Bloodeye Vileberry(トリガートンベリ)
防21 INT+8 精霊魔法スキル+3 暗黒魔法スキル+3
ファストキャスト効果アップ
Lv79~ 白黒赤吟召学
--------------------------------------------------
◆少林帯
をいただくことができました。ヽ(´ー`)ノ
これの「マーシャルアーツ効果アップ」は隔-10だそうで、からくり士の場合、チルコネックレス(あるいはCCパンタローニ+2)と合わせれば-20で、MAランクが1上がるのです。
からくり士は現状だとこの先Lv99になってもMAランク4(隔340)になれることはないだけに(Lv25ごとに1上がるので)、装備品でのランクアップは貴重です。

それにしても、アウグルシリーズはどれもこれもすごい性能で、ヨダレが出ちゃいますねぇ。部位によって若干ジョブ方向性が違うけど、エンピ装束鍛えるまでのつなぎにしてもいいし、なにより複数ジョブで使えるのが魅力ですね~。
アビセア-ラテーヌのOvniは、あと大量のHP&属性耐性マイナスとひきかえにヘイスト+7%になるすごいベルト(ブルウィップベルト)も落としますが、パトはまあそれはどうでもイイヤ。(´ー`)

ということで、初期3エリア分でゲット(ギルで解決含む)した新装備品は4つ。
……んー。
レベルキャップ解放されて荷物問題も解決されたら、固定活動でのポロリだけに頼らず、もうちょっと積極的に取りにいく方向へいってみますかねー。。。以前は難度高そう~って思ってたNMたちも、今ではずいぶんと倒しやすくなりましたし。
命中+12&各種武器スキルが+5される○○鉢巻シリーズも、今までは全部パスってきたけど、カバンに余裕ができさえすれば安心してロットできるし! スキル上げや青弱点突き用にちょっと欲しくなってきたワケですよ、ホホホ。

Pat101119232556a
闘魂!闘魂!…の前に、次こそ勝たなきゃ!!

そして初期3エリア・欲しいものリスト更新!
--------------------------------------------------
◆ゴエティアチェーン
◆オリゾンケープ
◆テイレシアスケープ
◆チルコネックレス
◆アウグルグローブ
◆アウグルジャズラン
◆アウグルゲートル
◆ゴウドベルト
◆闘魂鉢巻
◆六合鉢巻
◆八卦鉢巻
◆一閃鉢巻
--------------------------------------------------
あと“死闘”エリア分とかもまとめなきゃ……。
……新カバン80個なんて、ひょっとして焼け石に水に思えてきた^^^^^

| | コメント (2)

2010年11月29日 (月)

ぴんくまんどらたん

11月26日は、アビセア‐タロンギで最後のメインクエHNMグラヴォイド(巨大サンドウォーム)のリベンジをする予定でしたが、残念ながら今回も勝てませんでした。
というか、HNMに勝つとか負けるとか以前に、よそのグループと予定時間がバッティングしていたようで、“沸かせ負け”で戦えなかったのでした。
週末のゴールデンタイムでは、人気のNM戦がバッティングするのは十分あり得る事態だし、エンピリアン装束強化アイテムの出る“死闘”エリアのNMのほうがもっと熾烈な奪い合いが繰り広げられているわけだけれど、HNMクラスはここまで比較的順調に予定を消化できてきただけに、やっぱりちょっと、つまづき感が大きいですねー。
今週末こそは戦いたいじょ!

Pat101119232056a
前回11月19日分のスナップ☆
Pat101119225306a
こちらも11月19日分。グラヴォイドの前にやったラコビ
Pat101119225917a
範囲が痛い場面もあったけど、全体的にグラヴォイドより余裕

実は、グラヴォイドとクロリスの“だいじなもの”をあわせて戦う最上位HNMのラコビとの戦闘のほうが、その2HNMと戦うより前だったんだけれど、それはその2つの“だいじなもの”は、両方金色のデカ宝箱から得たからだったのでした。
そんなわけで、タロンギはあんまりほかのNMとの戦闘経験がありません。ちょっと淋しい。
   *
グラヴォイドと戦えなかった26日は、それでは代わりに、ということで、あのピンクの着ぐるみまんどらたん…というか巨大リコポのクロリスたんと戦うことに!(☆∀☆)

Pat101126230044a
でっかーーー!!!

何度か、よそのパーティの方々が戦っているのを遠目に見たことはありましたが、実際に自分たちで戦って間近に見ると、やっぱりインパクトがちがーう!(≧▽≦)
ホントなにかのイベント会場にでも登場しそうなカンジですよ~。ヴァナ☆フェスとかのリアルイベントでもいいけど、むしろ来年のハロウィンではこれに変身したい!っていうか、もうマジ「まんどらたん祭り」を開催するべき! 景品はもちろん「コスチューム:アデニウム」変身アイテムね!(≧▽≦)

Pat101126230139a
弱点突きの合間に激写激写
Pat101126230855a
ガルやエルより若干小さく、ヒュムやミスラが入るのにちょうどいいくらいでしょうか

そんなこんなで大興奮だったわけですが、喜んでいられたのも序盤のうちだけ……弱点もなんとかついてほっとしたのも束の間。
後半戦は、ただでも速い攻撃間隔と常時2~3回攻撃の手数の多さに加えて、ヘイトリセットつきの百烈拳ラッシュ、範囲テラーに範囲死の宣告とカオス状態に。
なにこれ、最上位のラコビより手強いんじゃない?!

Pat101126231520a
反省点はかわいさに惑わされて範囲に巻き込まれすぎたことか

せっかく赤弱点が突けたのに、リレなしでぷりっちゃっていたところで戦闘終了になったので、アートマはもらえませんでした。(つд;)
紫苑があるから、そんなに出番はないかなと思いますが、範囲睡眠の多いNMのときはちょっぴり心強そうな、いいアートマだったのだけど……残念。
--------------------------------------------------
摘蕾のアートマ 
STR+:中(+40) ダブルアタック+:小(+5%?) レジストスリープ効果アップ:中

紫苑のアートマ
STR+:大(+50) ダブルアタック+:小(+5%) リゲイン:小(+2TP/3sec)
--------------------------------------------------
あと、装備品ドロップが、一閃鉢巻とルーディックミトンだったかな? 超素敵アウグルグローブはどこーーー!!!(`ω´≡;`ω´)
もうあんまり戦いたくないけど、また戦うよね?ね?
きっと次は、もっとスマートに勝てると思うんだwww

この日はタロンギではほかにめぼしいNMにも出会えず、場所を移してアビセア‐アットワでアントリオンのNMをやってパトがチルコ型紙(頭)をゲットできた以外は、これまたぱっとせず。。。
挙句の果てにトリガーポップのHNMウィルムSmokには、うっかり禁忌の後方カウンター技・スパイクフレイルを発動させちゃって、しょんぼりな結果に……。

Pat101127001155a
ティアマットのそっくりさん

帝龍バハムや真龍とも何度も戦ってきたチームなのに、アートマパワーを過信して基本を忘れてしまったか……大反省です。
ただ、アビセアNMは、どれも弱点を突こうと思うとそばへ近寄らなくてはならないし、難度が格段に上がるのは確かかも。あと、召喚獣当ててればいいといっても、履行のときはある程度近寄らないと命令が届かないし……範囲技の多い&痛い相手は難しいです。
まあ、雨の日もあれば晴れの日もあり。またがんばろう。
今週はいい戦果が出せるといいな!ヽ(´ー`)ノ

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

[02]ミッション | [03]クエスト | [04]エピソード | [05]季節イベント2006 | [05]季節イベント2007 | [05]季節イベント2008 | [05]季節イベント2009 | [05]季節イベント2010 | [05]季節イベント2011 | [05]季節イベント2012 | [07]ヴァナ百景(人々) | [07]ヴァナ百景(風物) | [08]ヴァナNEWS2006 | [08]ヴァナNEWS2007 | [08]ヴァナNEWS2008 | [08]ヴァナNEWS2009 | [08]ヴァナNEWS2010 | [09]システム | [10]ウィンダス | [11]バストゥーク | [13]ジラート | [14]プロマシア | [15]アトルガン | [16]過去世界 | [17]アビセア | [18]シャントット帝国 | [18]モグ祭りの夜 | [18]石の見る夢 | [19]NPC | [20]バトル記録 | [22]NM | [23]BFNM | [24]モンスター | [25]ぴくしーたん | [25]りこぽん | [26]アサルト | [27]カンパニエ | [28]メイジャンの試練 | [29]特殊攻略部 | [30]ジョブ関連 | [31]黒魔道士 | [32]白魔道士 | [33]赤魔道士 | [34]踊り子 | [35]召喚士 | [36]青魔道士 | [37]獣使い | [40]からくり士 | [41]からくり成長記録 | [42]からくり装備 | [43]サポからくり | [44]カプたん | [47]スキル・ステータス | [50]サブキャラ活動 | [51]フェル | [52]ジュリア | [53]コパト | [54]ミラネコ | [55]サンクティア | [56]ルッチー | [60]フェロー | [61]ぞるたん | [62]ラディさん | [63]マホちゃん | [64]フェロー装備 | [65]フェロークエスト | [66]フェローポイント | [70]チョコボ | [71]チョコボ育成 | [72]チョコボレース | [73]チョコボ掘り・宝探し | [80]モグハウス | [81]収納問題 | [82]アイテム | [83]ファッション | [84]マネキン | [85]栽培 | [86]合成 | [87]釣り・収集 | [90]よもやま話2006 | [90]よもやま話2007 | [90]よもやま話2008 | [90]よもやま話2009 | [90]よもやま話2010 | [90]よもやま話2011 | [90]よもやま話2012 | [90]よもやま話2013 | [91]おともだち | [96]ヴァナ商品 | [98]おしらせ | [99]リアルライフ